ナッシュビルの謎

皆さま、突然ですが、「ナッシュビル (Nashville) 」という都市をご存じですか?

私は、つい最近まで、なんか聞いたことあるかなーーいやーーーやっぱりないかもー??くらいの感じでした。

それなのに・・・・・

先月、丁度ゴールデンウィーク直前くらいだったと思うのですが、

久しぶりに超リアルな夢を見ました。

その夢の中で私はアメリカの一人旅をしていて、その目的地がなぜかナッシュビルだったんです。

長距離バスで移動しようとしていたのですが、

その乗り場が分からず、行き方を聞いた高校生の女の子と仲良くなって、

マックで一緒にハンバーガーを食べた後にバスに乗った時点で目が覚めたため、

結局目的地にたどり着くことはなかったのですが・・・・(^_^;)

でもね、起きてから、忘れない内に速攻でナッシュビルのこと調べましたよ。

よく知りもしないのにあんなにリアルに夢に出てくるなんて、何か意味があるんじゃないかと思って。

調べた結果、テネシー州の都市で、全米一移民が増えている町ということがわかりました。

ふむふむ。

そして、気になる情報を発見。

「音楽業界の中心地で、「ミュージックシティ」 というニックネームがある・・・・・・」

なぬーーーーーー!!!???

「ミュージックシティ」っていうキーワードで、俄然興味が湧いて来ました。

このこ一連の話を仲の良い同僚に伝えた所、

「それは行ったら人生変わるやつやろ!絶対行くべき!!・・・で、いつ行くの?」と


かなりノリノリになっておりました。

それにしても、良く知りもしない都市がどうしていきなり夢に出てきたんだろ?

めっちゃ気になるし、休暇の関係で現実的には厳しいですが、

機会があれば行ってみたいです。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
スポンサーサイト

嫌な初体験

YouTubeにアップしてるシシリエンヌの動画に低評価がついてましたf^_^;)

いや、もちろんうまいって思ってるわけではないよ?

でも、大して再生回数もない中で低評価がつくと若干凹みますね(ー ー;)

因みにその日にその動画見た人って、4分半のうち最高で50秒間しか再生してないんです。

短時間再生しただけで低評価つけたくなるほど酷いですか、そうですか。。。。。

評価できないようにした方が色々考えなくてすむから精神衛生上いいかもしれませんね。


家族が食いついてきた話

一昨日アップした「I am」

最近いつも「華麗なる大円舞曲」ばかり聴いて(←電子ピアノだけど明るい時間帯は基本音出して練習してます)

飽き飽きしているだろう両親に、「実はこれ録音したんよー。ちょっと聴いてみて^^」

と言って、iPadで半強制的に聴かせてみました。

結果・・・・・

謎の大絶賛(笑)。

特に父は、「ニュースのやつやん!メリハリもついてすごいな。ぶんごろピアノ向いとるわー。」と(爆)。 

まあ、父は基本、いつも私のピアノを褒めるので・・・。でも、ここまで言われるとは思わなかったので驚きました 笑

でももっとびっくりしたのが母の反応。

「これいいねえ!こんな曲集めて発表会とかあったら楽しいだろうねえ。」

・・・・・ピアノで無いとは言え、楽器経験が有り、そこそこクラシック好きな父とは全く違った視点のコメントですし、父ほど絶賛ではないですが (笑)

母にも気に入ってもらえたのは嬉しかったです^^

だってこの記事で書いた通り、超辛口の母ですよーー!!??

私がピアノを弾くこと自体嫌なんじゃないかと思ったこともある位なので、

この母が気に入ってくれたのは私の中で本当に大きな事だったんです (*^_^*)

あ、因みに弟もその場にいたんでした 笑

「おーすげー。夜よく聞くやつと一緒や!結構難しい曲なんやないと!?」

と、食いついてくれた上、更に難易度の勘違いもしてくれました 笑

まあ、別に何てことはない些細な家族の一コマですが、ちょっと幸せな気分になれたぶんごろでした^^

よろしければこちらお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


どうでもいいこと考えた件。

みなさん、こんにちは。相変わらず楽しく練習してるぶんごろです。

先日のレッスンの後の雑談の話を書きます。

数か月前、近所に大手の音楽教室ができた頃、先生の教室へのアクセスが何故か異様に増えたという話から、

私が先生に初めてコンタクト取った時の話題になりました。

実は、私がネットから連絡して入会した初の生徒なのです^^

以前の記事でも少し触れていますが、

今の教室のことは、職場の近くということもあり、元々数年前から知っていて、

教室の入口のドアにかけられていたチラシを取ったことがあります。

しかし、そのチラシで知った先生の出身大学が超有名大学だったことに驚き、

「この先生絶対恐ろしい人だー」(←いい年して私バカ(゜_゜)?)と勝手に思って結局その時は連絡せず、

他のことで忙しくなったりしてピアノ再開熱が下がり、その後結局、色々な条件の良さから

勇気を振り絞り、ネットを通して連絡をとったという経緯があります。

電話番号も書いてあったけど、なんとなく都合がいい時間とかわからないし、連絡とりにくかった。

数年前結局連絡取る決心がつかなかったことも、その理由も、今だから言うんですけど、と

ぜーーーんぶ話しちゃいました。

「先生の大学名見て、絶対怒られるーーと思って連絡できなかったんですよ!!今考えると本当にバカなんですけど。(-_-;)」と話すと、

先生、かなり笑ってくれました。それにしても私、すごい偏見持ってた。。。先生ゴメンナサイ。。。。

でもその後、

「でもネットで宣伝して、ぶんごろさんが来てくれてほんとによかったと思ってるよーー!ぶんごろさんかわいいし ^^」

とも言ってくれました。

私はそれに対して私は

「いや私、かわいくないですけど 笑 でも私も来てよかったと思ってますーーー^^」

と答え、なんか今から考えると表面的過ぎるような会話を繰り広げてしまいました(^_^;)

もちろん私の言葉は本心なんですけど、客観的に見てちょっと出来すぎた会話に聞こえなくもない(゜_゜>)

先生は、私に対して、普段他の人に言ってもらえない、「かわいい」とか「朗らか」とか

いう言葉をよくかけてくれます。それは素直に嬉しいです^^ 三十路だけど 笑

基本的に私はレッスンを楽しみにしているし、先生のことも好きなので、

自分の陰の部分がレッスンで出ることが少ないと思うので、

先生は本当に私のことを良く思ってくれてるのかもしれません。

でも、帰宅後色々考えながら、万が一、先生がこのブログを見ていて、

知らず知らずの内に色々言わせてしまってるんだったらどうしようとか、

今ブログが見られてないとしても、今後見つかったらなんか恥ずかしいなーとか、

よくわからん思考に走ってしまいました。

こういう、考えても仕方ないことを考えるのも私の陰の部分の一つなのかもしれません(-_-;)

1日数アクセスしかないブログを先生が既に発見していたり、今後発見したりする可能性はほぼないと

何となく分かってはいるのですが、

万が一先生がこのブログを見つけた場合、今まで弾いた曲とか見れば一発で個人特定可能ですし(^_^;)

別に読まれて困ることは書いてないつもりなので、気にする必要はないのかもしれませんが。

アクセスの多いピアノブログのブロガーさんたちはどう対応しているのかなーと思ってしまったのでした。

↓よろしければお願いしますm(__)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: