隠し種を増やした件。

突然ですが、普段のレッスンで本格的に弾く程もないけど、練習時間が取れなくて負担を減らしたい時や、

メインの曲がほぼ仕上がっていて、プラスαでもう一曲という時の為に譜読み済の曲を

数曲隠し持っています。普段レッスンに持って行く曲より難易度低め & 短めの曲ですが、

常に弾ける状態というわけではなく、1日練習してほぼ戻る位の感じになっています。
(※ストリーボッグの「すみれ」のような、ほぼ初見で弾けるような曲は対象外)

今回急遽レッスン用にした「楽興の時 第3番」も、そんな曲の一つです。

ここでそんな「隠し種」の曲を紹介したいと思います!!!

A. 子供の頃を含め、レッスンでやったことが無い曲

1. アリエッタ グリーグ
2. 小さな黒人 ドビュッシー
3. ト調のメヌエット ベートーベン
4. バウムクーヘン 湯山昭
5. チューリップのラインダンス 平吉毅州
6. エチュード・アレグロ 中田喜直

B. 子供の頃やったけど、もう一度きちんとやりたい曲

1. エリーゼのために ベートーベン
2. 花の歌 ランゲ
3. 乙女の祈り バダジェフスカ
4. マズルカ op7-1 ショパン

この10曲の内、バウムクーヘンと花の歌以外、全て音友の「ピアノ名曲150選 初級編」
に載っています。
(この本、バラエティに富んだ曲が73曲入っていて1200円+税なのですごくお勧めです!)

こうやってリストアップして見ると、グループAって結構謎な選曲ですよね・・・・。

邦人の曲に至っては完全に子供対象だし。

ですが、この3連休でもう1曲、そんな子供対象の邦人曲を隠し種に加えました。

その曲とは・・・・

「いいことがありそう! by 湯山昭」です。まさかの湯山さん2曲目。
(ちなみにこれも「ピアノ名曲150選 初級編」に載ってます 笑)

こんな曲です↓


2年前、レッスンを受け始めた頃にこの本を持って行った時、

先生が、お勧め曲に適当に印をつけてくれました。

現代曲、邦人曲に全く印がつかない中(印がついていなくても譜読みした曲はありますが)、

「これ、楽しそうな感じだよ」と言いながら唯一先生が印をつけたのがこの曲でした。

ですが、ずっとスルーしていて、最近では完全に存在を忘れていたんです。

この曲のことを思い出したのは、先日の発表会のリハーサルの時です。

小学生が弾いていたのですが、本当に素晴らしかった!!!!

そして発表会が終わり、ちょっと余裕がある今弾いてみることにしたのですが、

自分で弾いてみて、更にこの曲が好きになりました。

この曲を弾いていると、自然と陽気な気分になってきますヽ(^o^)丿

左手の16分音符の部分もあったりして、私にとってはいい練習にもなります。

子供向きと思っていても、やっぱりいい曲はいい曲なんですね。

これからも、手頃で面白そうな曲があったらどんどん手を出していきたいと思います。

何かよさそうな曲があれば、皆さんも教えてくださいね。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
スポンサーサイト

いきなり弾いてみたブルグ

イタリア協奏曲、遂に昨日、ミスタッチ2回程度で通せるようになりました!!

でもノーミスで弾けない・・・・

何度弾いてもミスするので、とりあえずイタリア協奏曲の練習は切り上げ、

ちょっと軽めの弾いて練習を締めようと思い、ブルグ25をひっぱりだしてきました。

そして、「つばめ」を弾いてみることに。

子供の頃、超スローテンポで弾いて一応合格にしてもらったけど、

絶対あれつばめじゃなかったよなあ・・・と、ずっと気になってた曲でした。

遅めのテンポならなんとかなるだろーと、弾き始めると・・・・・

ミスりまくる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いきなりノーミスで行けるわけないと分かってたけど、ひどすぎます。

そして、大好きで弾きこんだ「貴婦人の乗馬(現・乗馬)」も、ボロボロ。

私ってブルグ以下のレベルだったのか・・・・

あまりにもダメダメすぎて笑いが出そうでしたヽ(^o^)丿

同じ曲ばかり弾いてると、手がその動きだけに対応してしまうからなのかな。

「つばめ」はともかく、「貴婦人の乗馬」なんて、最近でも結構弾いてたのに・・・ちょいとショック。

とりあえず、貴婦人の乗馬の方は、数日に一回くらい弾けば戻りそうな気はします。

でも、「つばめ」は難しすぎる!!!レッスン外の曲として、きちんと弾けるまで練習してみようと思います。

ちなみに20年以上振りです!!!!!

綺麗に弾けるようになったらいいな。

↓よろしければよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: