レッスン (31回目)

一昨日、31回目のレッスンでした。

なんかですねー、やっぱり仕事帰りだと若干テンション低くて、祭日レッスンの時より楽しくないですw

てなわけで、前回程テンションが高くないので、ブログの内容もさらっと行きます。

というか、二日前なので、前回レッスン記事を書いた時程記憶が鮮明じゃない((+_+))

さてと、今回のレッスンのメニュー。

①舞曲 ギロック
②悲しいワルツ ギロック
③イタリア協奏曲 第一楽章


この3曲でした。

まず、舞曲。

・・・・だからあーーーー、なんで簡単な曲でミスするかね((+_+))
2回も豪快にミスタッチしましたよ(-_-;) 集中力がないのかな??? いや、やっぱりちゃんと練習してないからかな。

左を目立たないように気を付けながら、

ペダルの入れ方にちょっと修正入れてもらって、とりあえず少しミスタッチありましたが、

3回目弾いた時点で合格。深追いする曲でもないし・・・・て感じなのかな。

この曲が嫌いなわけじゃないけど、やっぱりメインのイタリア協奏曲の譜読みが進まないのが気になっていて
練習量は、イタリア協奏曲の10分の1位だったし。。。。
単純な曲だからと言って、気を抜いたらだめですね(-_-;)

何となくは弾けても、ちゃんと弾くのは難しいからねーと先生にも言われてしまった(+_+)

はい、その通りです。ゴミンナサイ・・・・。

そして悲しいワルツ。

だからなんでこんな低難易度な曲でミスるかなあ(-_-;)

豪快なミスタッチをまたも2回程してしまいました・・・。

そしてやっぱりペダル修正入りました(-.-)

どんだけ下手なのよ(+_+)

しかも左手のメロディーが聴こえてこないって('_')

意識しすぎてなんか間違えるし・・・・・

リズムも何か乗り切れてないらしい。

ウィンナーワルツの1回目でも同じこと言われたなあ(-_-;)

結局、次回へ持越しになりましたー。

これもまあ、舞曲と同じ理由で練習不足なんですけど。

でも、この曲好きだし、この際暗譜してちょっとしたレパートリーにしてやるぞ!!!

そしてギロックの練習時間を奪ったメイン曲のイタリア協奏曲。

短めのがいいならコレ!って言われて始めたけど、6ページぎっしりでそこそこ長く、

とりあえず3ページ分だけ譜読みしていってみてもらいました。

普段電子ピアノで練習しているので、グランドピアノで弾くと

低音部の鍵盤が重く感じることが多く、左手の動きが練習の時に比べてめちゃめちゃになることが多いのですが、

今回は、それがありませんでした。思ったより結構弾けた!

いつもはあまりやらない、左手だけの練習を多めにやったからかな。

バッハの曲って、いきなり両手で合わせるとか絶対ムリだし。

バッハの曲、根気はいるけど、左手強化にいいですね!!!

ちなみにこの曲のレッスン詳細ですが、

とりあえず譜読みしてるところまで両手で弾く→1ページずつ、片手だけで弾く→1ページずつ両手で合わせる

これを一通り繰り返している途中、

一つ謎の場所に♯つけるという変な譜読み間違いが発覚しました(-.-)

その後、所々テンポが早くなっているのでそこを気を付けながら、

スタッカート、レガートの入れ方、強弱等、先生が書きこんでくれたものを踏まえて、

通して3ページまで弾きなおし、今回のレッスンは終了となりました。

まあ、1回目のレッスンにしてはいい出来だったし満足です^^(※自分比。常に低レベルなところで生きていますのであしからず)

先生も、うまく力が抜けてるし、いい感じだよ。この曲発表会用でもいいかも!と言ってくれました。

ちょっとしたミスで再起不能になりそうな曲だから怖いし、できればこの曲は避けたいんだけど 笑

とりあえず、発表会の選曲についてその後少し話し合って、遅くともゴールデンウィーク明け位には

曲決めをすることになりました。

色々な曲にちょこちょこ手を出してみて、きちんと弾ける目途が立ってから決定したいですからね。

発表会は11月ですが、すぐ来てしまうんだろうと思います。

またあの緊張がよみがえるかと思うと憂鬱な反面、やはり楽しみでもあります。

今はとりあえず、イタリア協奏曲の譜読みを進めるのに全力を注ぎます!!!!←あ、ギロックも・・・・w

次の2週間後のレッスンまでに一応全部終わらせるのが目標。

頑張ります!!!ヽ(^o^)丿

↓よろしければお願いしますm(__)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

興味がおかしい方向へ行った件。

最近、イタリア協奏曲を楽しく練習しているのに、

エオリアンハープのことが気になって仕方ないです。

やっぱり無理じゃないかと・・・・・。やる気はあるんだけど。

色々な記事に、ツェルニー50レベル必須って書いてあるし、

全音ピースではレベルFになってるし。

その一方で、ネットで出回ってる「ピアノ曲難易度偏差値」なる表では、

偏差値50ちょっとということになっていて、その辺の曲なら少し弾いたので(悲愴第一楽章、ショパンワルツ1番等)

なんとかなるかも・・・と思い直したり。

まあ、まずは一定の期間練習してみて、明らかに無理そうだったら寝かせたらいいかな。

・・・・そんな風に色々考えている中で、ふと「ハープ」が気になり、検索してみました。

その昔、アイルランドに滞在した時に、「アイリッシュハープ」を見て、

魅力的な楽器だなと思ったのを思い出したのです。

すると、こんなかわいいハープが2万円ちょっとで買えることが判明!!!

ベイビーハープ

更に、「ハープ教室」、通える範囲にあることも判明!!!!←地方なので意外でした。

そもそも、アイルランドに行ったのも、「人と違う場所に行きたかった」から。

その場所で魅力を感じた楽器ですから・・・・はい、やりたくなっちゃいました(@_@)

教室も、最初は楽器が無くてもいい=数回は練習せずに行ってもいいという

スタンスのようですが、やり始めるとやっぱり練習しないと上達しませんよね。

更に、もし本格的にやるとなれば、小さいハープじゃなくてもう少し大きいハープが必要にもなりますね。

うーん・・・ピアノとハープ・・・・両方やるのはきっと難しいなあ。

でも、やってみたいなあ。

以上、「エオリアンハープ」のことを考えていて、興味が思わぬ方向へ行ってしまった話でした。

↓よろしければお願いしますm(___)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

楽譜を購入した件。

過去のレッスン記録を書き終わり、予想通り記事の更新が滞っておりますぶんごろです。こんばんは。

前回の記事の通り、先生にエオリアンハープを勧められた私ですが、

早速、楽譜探しに入りました。まず、エチュード集は却下。

だっておそらく、一生かかっても弾けない曲が大半だし・・・・。

そして、なんとなく割高なピースは最終手段にしとこう・・・・

そんなことを考えながら探していると、「全音ピアノ名曲100選 上級編」に

掲載されていることが分かりました。

しかも、この楽譜には、先生から勧められた他の候補曲である「主よ人の望みのよろこびよ」も載ってるんです。

・・・・・とは言え、上級編・・・・。弾けそうもない曲が大半を占めているのに

2000円はちょっとイタイな・・・とちょっと購入を躊躇していました。

そんな時、amazonのマーケットプレイスで、状態の良さそうなものが送料込み約600円で出ていたんです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

てなわけでポチリました。

そして、数日後無事届きました!!!!↓

全音ピアノ名曲100選

・・・書き込みもないし、すごくいい状態!!

・・・・・でも何かおかしい。

表紙が全然違うんです!!!なんと、改訂前のものでした(O_O) 印刷されたのは1991年とのこと。

楽譜屋の在庫とかかなあ???

更に目次見ると、掲載曲もかなり違うことが判明∑(゚Д゚)

「美しき青きドナウ」とか、改訂版では既に持ってる初級編にありましたけど・・・。

もしやエオリアンハープ載ってないんじゃ?????

ドキドキしながらチェックすると、こちらはちゃんと既に載っておりました( ´ ▽ ` )ノ

題名が「エオリアのハープ」でしたけど 笑

今となっては使われていない「スティリアの女」という訳を思い出しましたよ。

「主よ・・・」の方も無事掲載されていました。

とりあえずこの楽譜を買った目的は果たせそうです^^

2曲しか使わなくても1曲300円ならそれだけでもお得!

更に今は掲載されていない、「ハンガリー舞曲 第6番」等、手持ちの楽譜とかぶらない

弾けそうなレベルの曲も数曲あったので、結果的にいい買い物だったかもしれません。

でもこれ、注意書きで、掲載曲が違うとか書いてなかったんですよ・・・・。

今回はたまたま目当ての曲があったのでよかったですが、

ネットで中古の曲集を買う時は気をつけないとなーと思ったのでした。

そして、憧れの曲の楽譜を手に入れたことで、ピアノ熱が益々高まったのでした^^

今譜読み中の課題曲があるからまだ取り組めませんが、絶対弾けるようになってやります!!!

皆様も引き続き頑張ってくださいね^^

↓よろしければお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

文章をまとめられない件。

インフルで思った以上に体力を消耗したのか、

今日はあまりに疲れていて新曲の譜読みをする気力がおきなかったぶんごろです。

ピアノ大好きな私にとってはこんなことは本当に珍しいです(ーー;)

明日は絶対進めてやります!!

ところで、お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、私、文章を省きながら、読み易くまとめるのが苦手みたいです。

前回の記事、カウンターで調べたら2700文字ありました。。。。

原稿用紙に換算すると7枚。単なる一回のレッスンの記事でこんなんじゃ読む気無くすってもんですよね。。。

今後、うまく要点をまとめられるようになりたいものです。

皆様、参考にさせていただきますね!

よろしければこちらお願い致しますm(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

レッスン (30回目) 娑婆再デビュー (笑)

前回の記事で書いていた通り、本日、今年初のレッスンでした。

インフルで数日引きこもっていたため、6日ぶりの外出でもあります。

普段、会社帰りにレッスンに行っている私ですが、月曜がレッスンなので

祭日がレッスンになることも結構あります。

車で行かないといけない距離だから面倒な部分もあるけど、

直前に練習できるし、疲れてない状態で行けるから、祭日レッスンって結構好きなんです

しかし今回、珍しく会社の文書翻訳の依頼が来て、そこそこ急ぎのものだったため、

朝からずっと頑張り、レッスンに遅刻しないギリギリの時間の10分前に仕事終了。

そんなこんなで、仕事の後にレッスン行く時よりも更にボロボロの状態で、

まともに化粧もせずに(ほとんどマスクして隠れてるけど) レッスンへ。

みすぼらしい恰好で行ってしまった言い訳をしていると、

まあ若い御嬢さんは見た目気になっちゃうよねえーーー^^」とのお言葉。

先生、これまで何度か言ったけど私はもう「御嬢さん」て言える年じゃないよーーー 笑

てか、先生に習い始めたとき既に三十路だったじゃん 笑

先生の、私に対するこの「若者扱い」、面白くて気に入っているので、もうツッコみませんでした ヽ(^o^)丿

実は習い初めて3~4か月の頃、「自分で給料から月謝払って、感心だよねーーー」言われたことがあります。 (@_@)


「いやいや私三十路ですよ!どう考えても当たり前やないですかっ! (-_-)/~~~」


と、さすがにその時は豪快にツッコんだ記憶・・・・(^_^.)

よくわからんけど何か本当に面白いです。

さてさて、そろそろ肝心のレッスンについて書きたいと思います。

今回のレッスン曲は下記の3曲です(演奏順通り)。 



1. ギロック 「こどものためのアルバム」 より ウィンナーワルツ

2.
ギロック 「こどものためのアルバム」 より コラールプレリュード

3. ベートーベン ソナタ10番 (14-2) 第一楽章




まず1曲目、ウィンナーワルツ。自分の実力(←低いけど)と比べたら、難易度は高いと言えない曲ですが、

レッスン1発目ってどうしてこうもうまく行かないものでしょうか・・・・ 笑 私だけじゃないですよね???ね??????

短い短い曲なのに、3回位豪快なミスタッチしましたよーーー((+_+))

でもまあ3回、いつもの1曲目と比べたらマシな方かな???


そしてクレッシェンドがついている最初の部分を、もっと小さくすることを意識してもう1回。

そしてもう一つ、「ぐっとここを小さくしたらすごくいい感じに聞こえるよ!」とアドバイスをもらった箇所を意識して更にもう1回。

本当にいい感じになった!!!!そして珍しいノーミス。 合格いただきました!!!


そして2曲目、コラールプレリュード。

最初、つかみどころがなくて地味な曲と思ったけど、聞けば聞くほどいい曲ですね (*^_^*)

1回目、結局変なとこで2回位ミス。どうしてこう間違えるのか・・・(+o+)

しかも、フォルテの所があまりフォルテになっていないというご指摘。曲に入りこむと忘れがちになる((+_+))・・・。



てなわけで、2回目、かなり集中力を高め、フォルテも気にしつつ再トライ。

すんなり行きました!!!!!! 合格。


そして最後の3曲目、ベートーベンソナタ14-2 第一楽章。

一回目、装飾音符でリズム狂う。アレ???その他変なとこでもちょこちょこミスる。

去年のレッスンに比べたらマシにはなったけど・・・・。

先生は、「だいぶ良くなったね!!!」と認めてくれつつ、冷静なご指摘をいくつか。


・左手が主旋律のところ、もっと際立たせた方が良くなる。

・クロスリズムかつ、手がクロスする箇所(曲を知っている人はお分かりですよね)が、何故か急ぎ気味になるからスピード抑える。

・ペダル抜いた方がいい箇所ある。


これを踏まえて2回目。左手主旋律の所で、意識しすぎでつまずく。更にペダル抜き忘れて、「あっ」とか言いながら

弾きなおしたりしてしまう・・・・(+o+) やっぱり若干頭が固くなって、注意をすぐに反映させるのがやたら難しい((+_+))


「32分音符のスケールの箇所、すごく手がしっかりしてきて上手だから聴いてて気持ちいいよ^^」

等とお褒めの言葉を何故かこのタイミングでいただいて若干有頂天に 笑。


その後、注意された内容を踏まえてもう一回弾き、今日のレッスン終わりにしようということに。

「間違ってペダル踏んでしまっても、弾きなおさないでいいからね」との忠告。うん、そうだよね・・・。

集中力高めて、いざ、3度目の演奏開始。

小さなミスは3、4か所あったけど、止まらなかったし、左手主旋律の難所もノーミスだし、

先生が注意してくれた箇所全部反映した演奏できました!!!満足満足。

もしかしたら家の練習と比べても結構いい感じだったかもしれません。

先生から拍手いただいちゃいました。レッスンでは初めてのことです。

こんな感じで、自分でも納得できる形での合格となりました。

「ぶんごろさん、1年ちょっとでホントにうまくなったと思うよ!!!!やっぱ若いからねえ」

等々、褒めちぎられて恥ずかしかったです・・・・。

・・・・・・でも、もし本当に成長してるとしたら、それは先生のおかげですよ!!!ありがとう^^

「ひ、弾けますかね・・・・」「大丈夫と思うよ」「じゃ、やります」と、いつものパターンの会話を繰り返し(笑)、

次の曲は、ベートーベンをちょっと休んで、先生提案の、バッハの「イタリア協奏曲第一楽章」に決定。

そしてレッスン後、11月の発表会の曲も、少しずつ考えてた方がいいよという話に。

確かに・・・・・だって前回、3か月弱しかなくてちょっとヒヤヒヤしたし。

その中で、私に合ってると思う曲を先生が数曲挙げてくれたのですが、その中に

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

と思う曲があった話。

先生、こうおっしゃったのです。

「ぶんごろさんはねー、ゆっくり歌うような、子供じゃ雰囲気出せない曲が合ってると思う。ショパンのエオリアンハープとか、リストのコンソレーション第3番とか、それ以外だったら、バッハの、主よ人の身の喜びよとか……」


………一つ、明らかに難易度ヤバイの混ざってないですか????????

そう、エオリアンハープ…………

ショパンのエチュードってめちゃ上級じゃん!(◎_◎;)

「えっ∑(゚Д゚)エオリアンハープとかめっちゃ難しいんじゃないですかっ??」


と聞くと、

「あの曲は雰囲気で弾ける部分あるし、ぶんごろさんなら行けそうな気がするよ^_^あ、バッハのやつはミスしたら目立つけど、うん、エオリアンハープよさそう!!」

とのこと。

ほ、ホントデスカっっっ。。。。。。。

いや、でも、でも。。。。。

弾けたらこの世に悔いは無いレベルで嬉しい かも!!!

先生が提案してくれた曲、無理そうと思ってもなんとかなってきたもんなあ………

本当にできそうならやってみたいかも。

てなわけで、次の曲ももちろんワクワクなんですが、エオリアンハープが頭から離れず、帰り道、
車運転しながらニヤニヤがおさまらなかったのでした。

とりあえず先生の提案通り楽譜見てみます!!

よろしければこちらもお願い致しますm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます。

年末年始にオーストラリアに行っていたぶんごろです。

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

オーストラリアに行っていた数日間、もちろんピアノは弾けませんでしたが、

帰国した3日に早速弾き始めを済ませ、予定通り5日に仕事始めとなりました。

…ですが、翌6日から自宅に引きこもり、今3日目です。

実は、毎年冬に猛威をふるう、「例のヤツ」にやられてしまったのです。

インフルエンザA型です。

タミフルを飲み、高熱ではなくなりましたが、まだ微熱が続いています。

それでも、ピアノは気分のいい時に練習しています(^^)

39度近い時でも弾いていましたよ 笑

体力があまり持ちませんけど…(^◇^;)

実は、今年初レッスンが来週月曜日に控えているんです。

その時には全快していればいいなーと思っているところです。

取り敢えず今は、咳のし過ぎで変な頭痛がするのと、体全体がなんとなくだるいのが辛いです。

無理せずゆっくり静養に努めます!

よろしければこちら↓よろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: