いきなり弾いてみたブルグ

イタリア協奏曲、遂に昨日、ミスタッチ2回程度で通せるようになりました!!

でもノーミスで弾けない・・・・

何度弾いてもミスするので、とりあえずイタリア協奏曲の練習は切り上げ、

ちょっと軽めの弾いて練習を締めようと思い、ブルグ25をひっぱりだしてきました。

そして、「つばめ」を弾いてみることに。

子供の頃、超スローテンポで弾いて一応合格にしてもらったけど、

絶対あれつばめじゃなかったよなあ・・・と、ずっと気になってた曲でした。

遅めのテンポならなんとかなるだろーと、弾き始めると・・・・・

ミスりまくる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いきなりノーミスで行けるわけないと分かってたけど、ひどすぎます。

そして、大好きで弾きこんだ「貴婦人の乗馬(現・乗馬)」も、ボロボロ。

私ってブルグ以下のレベルだったのか・・・・

あまりにもダメダメすぎて笑いが出そうでしたヽ(^o^)丿

同じ曲ばかり弾いてると、手がその動きだけに対応してしまうからなのかな。

「つばめ」はともかく、「貴婦人の乗馬」なんて、最近でも結構弾いてたのに・・・ちょいとショック。

とりあえず、貴婦人の乗馬の方は、数日に一回くらい弾けば戻りそうな気はします。

でも、「つばめ」は難しすぎる!!!レッスン外の曲として、きちんと弾けるまで練習してみようと思います。

ちなみに20年以上振りです!!!!!

綺麗に弾けるようになったらいいな。

↓よろしければよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

どうでもいいこと考えた件。

みなさん、こんにちは。相変わらず楽しく練習してるぶんごろです。

先日のレッスンの後の雑談の話を書きます。

数か月前、近所に大手の音楽教室ができた頃、先生の教室へのアクセスが何故か異様に増えたという話から、

私が先生に初めてコンタクト取った時の話題になりました。

実は、私がネットから連絡して入会した初の生徒なのです^^

以前の記事でも少し触れていますが、

今の教室のことは、職場の近くということもあり、元々数年前から知っていて、

教室の入口のドアにかけられていたチラシを取ったことがあります。

しかし、そのチラシで知った先生の出身大学が超有名大学だったことに驚き、

「この先生絶対恐ろしい人だー」(←いい年して私バカ(゜_゜)?)と勝手に思って結局その時は連絡せず、

他のことで忙しくなったりしてピアノ再開熱が下がり、その後結局、色々な条件の良さから

勇気を振り絞り、ネットを通して連絡をとったという経緯があります。

電話番号も書いてあったけど、なんとなく都合がいい時間とかわからないし、連絡とりにくかった。

数年前結局連絡取る決心がつかなかったことも、その理由も、今だから言うんですけど、と

ぜーーーんぶ話しちゃいました。

「先生の大学名見て、絶対怒られるーーと思って連絡できなかったんですよ!!今考えると本当にバカなんですけど。(-_-;)」と話すと、

先生、かなり笑ってくれました。それにしても私、すごい偏見持ってた。。。先生ゴメンナサイ。。。。

でもその後、

「でもネットで宣伝して、ぶんごろさんが来てくれてほんとによかったと思ってるよーー!ぶんごろさんかわいいし ^^」

とも言ってくれました。

私はそれに対して私は

「いや私、かわいくないですけど 笑 でも私も来てよかったと思ってますーーー^^」

と答え、なんか今から考えると表面的過ぎるような会話を繰り広げてしまいました(^_^;)

もちろん私の言葉は本心なんですけど、客観的に見てちょっと出来すぎた会話に聞こえなくもない(゜_゜>)

先生は、私に対して、普段他の人に言ってもらえない、「かわいい」とか「朗らか」とか

いう言葉をよくかけてくれます。それは素直に嬉しいです^^ 三十路だけど 笑

基本的に私はレッスンを楽しみにしているし、先生のことも好きなので、

自分の陰の部分がレッスンで出ることが少ないと思うので、

先生は本当に私のことを良く思ってくれてるのかもしれません。

でも、帰宅後色々考えながら、万が一、先生がこのブログを見ていて、

知らず知らずの内に色々言わせてしまってるんだったらどうしようとか、

今ブログが見られてないとしても、今後見つかったらなんか恥ずかしいなーとか、

よくわからん思考に走ってしまいました。

こういう、考えても仕方ないことを考えるのも私の陰の部分の一つなのかもしれません(-_-;)

1日数アクセスしかないブログを先生が既に発見していたり、今後発見したりする可能性はほぼないと

何となく分かってはいるのですが、

万が一先生がこのブログを見つけた場合、今まで弾いた曲とか見れば一発で個人特定可能ですし(^_^;)

別に読まれて困ることは書いてないつもりなので、気にする必要はないのかもしれませんが。

アクセスの多いピアノブログのブロガーさんたちはどう対応しているのかなーと思ってしまったのでした。

↓よろしければお願いしますm(__)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

レッスン (32回目)

月曜日、レッスンに行ってきました。

普段通り会社帰りのレッスンですが、前回に比べて仕事での疲れが少なく、なかなか楽しかったです^^

今回のメニューは下記の通り。

1. 悲しいワルツ ギロック
2. 手品師 ギロック
3. イタリア協奏曲 第一楽章 バッハ

まず、悲しいワルツですが、手がかじかんでいて集中力が無く、出だしのフラットがいきなり外れましたw

ですが、最初から弾きなおしてノーミス。盛り上げる箇所をもう少し意識して弾きなおし、今度は

「うん、いいね!」とのことで合格いただきました!!

そして手品師。

この曲は妙に手になじんで弾きやすかったんですよね。

隣のキーに触れてしまう程度のミスタッチはありましたが、珍しく1回目からスムーズに弾けました。

その後、細かい手直しが若干入り、普通に合格いただきました。

レッスン開始してからここまで10分弱。いいペースです^^

・・・・・・ですが次のイタリア協奏曲で思った以上に苦戦しました・・・・。

一応最後まで譜読みしていって、ある程度通せるようになった気でいたのですが。

前回のレッスンでできた所さえも何故か悪くなってる(-_-;)

右手が延々とトリル、左手メインの所なんて、なんかリズムがずれてくるし(+_+)

なんか、申し訳なくなって「スミマセン・・・・」を連発してしまいました。

「いやいや、ここまで譜読みしてきて頑張ってるなーと思うよ!」

(↑先生オキヅカイアリガトウ ヽ(^o^)丿)

とも言われましたが、

急にこれはちょっと重かったかもねーーとも言われちゃいましたヽ(^o^)丿

前回は悪くない感触だったけど、今回、中間部の練習足りてなくて前半までコケだしたから仕方ない(-_-;)

でも、せっかく習ってるんだし、ちょっと難しめのを練習してみたいし問題ないのです^^

「発表会もまだ先で今丁度時間がある時期だし、いい練習だと思う!」

とも言ってもらえましたしね^^

ちなみにこの曲、左手メインの所のリズムを改善させるべく、少し我慢してゆっくり練習することを

命じられました。 はい、頑張ります!!!^^

更に、ギロックを飛ばしながら1冊やった後のテキストとして、インベンションを勧められました。

うむ、実際気になってたし、よさそうです^^

てなわけで、思った以上にうまく行かないレッスンではありましたが、

結局楽しめたぶんごろでした。

↓よろしければお願いしますm(__)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: