レッスン (37回目)

皆様、こんにちは。
少し遅くなりましたが、月曜日、レッスンに行って来ました。

今回のレッスンメニューは・・・

1. 魔法の木 ギロック
2. 祭り ギロック
3. キラキラ星変奏曲 モーツァルト


ちなみに今回のレッスンの日は、少し体調が悪く、集中できないかもなーと思っていたのですが。。。
悪い予感的中しましたーーーーーーーーーーーー(-_-;)

まず、魔法の木。

体調がすぐれない時の1曲目、大体左手に来ます。
なのにこの曲は左手動きまくります・・・・もちろんそんなに難しい曲ではないんですが・・・

1回目、多分10回位間違えました・・・。
多分先生の顔も曇ってたと思います。
思わず、弾き終わった後、
「何か・・・・色々すみません・・・・・」
と、謎発言をしてしまいました。

ミスタッチが多かったことよりも、
先生は、左手のリズムが崩れがちになっていたことと、
最後のディクレッシェンドが甘いのが気になったらしく、
その辺を中心に集中してレッスン。
私の集中力も高まり、いい感じになってきましたよー。

4回目位で、気持ちよく弾けました。
「うん、今のはうまくまとまってた!」と言っていただき、
無事(一応)合格いただきました^^

そして、祭り。なんかバッハの様な雰囲気のある曲です。
休符の取り方、強弱の付け具合が甘い感じで、
その辺が、レッスン時間内で修正できなかったため、
次週持越しとなりました。更に、少しテンポアップして弾くことになりました。

そして、メイン曲の、「キラキラ☆」。
あのですね、やっぱり先生はすごかったですよー!!!
「キラキラ」問題の件で、先生も気にしてくれてたみたいで、
自宅から何やらすごそうな輸入楽譜を持って来てくれていました。

「あ、これ、モーツァルトの自筆なのよ。」

・・・・・・マジですかい!!!!!

もちろん、コピーですが、ちょっと感動しました。
私はヘンレ版買って満足してたけど、先生はそれを越えてました 笑

でも・・・・・読みにくいですね。本当に。
こんな感じだから色々解釈版とか出るんですね。
先生と二人で、「見にくい・・・」とぼやきながら必死で解読しましたが、
やっぱり、全音みたいなタイとか無かったです・・・・多分。
音友に従うってことで間違いないね!と再確認。

このやりとりの後、とりあえず譜読みは最後まで行っていたので
第12変奏まで弾くことに。

まさかまさかの、変奏に入る前のThemaの所で修正入りました(-_-;)

「この時代は、そんなレガートな感じじゃないのよ」

そうなのか・・・・・。

早速修正しました。
その後、第2変奏をもっと落ち着いて弾くこと(笑)、
第3変奏では気分を変えること、
第6変奏の右手メインのところで急がないようにすること、
第11変奏の間の取り方を考えること、
第12変奏をもっと弾きこむこと (笑)、

ペダルの入れ方や強弱の工夫等々、

数えきれないほどの指導が入り、気づいたらいつもより20分位長くレッスンしてもらってました(゜_゜>)

それにしても、「キラキラ☆」、かわいいふりして全然かわいくないです 爆
難所多すぎだし、第12変奏の後半とか拷問レベルで左手が硬直します・・・
脱力ができてないせいだと思いますが・・・・

でも練習していて楽しいです(^_^)
長いからとか言って躊躇してましたが、取り組んでみてよかったです。

ちなみに次のレッスンまでに、先生が私の発表会用(11月です)の候補曲を
考えてきてくれるらしいです( ´ ▽ ` )ノ
もちろん私も考えていきますが(^.^)
年明けすぐ位に何曲か挙げてくれた曲はありましたが、
それ以外にどんな曲を考えてくれるのか楽しみにしています。

↓よろしければお願いしますm(._.)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キラキラ星変奏曲で出くわした問題

1週間ぶりに登場致しました。ぶんごろです。

前回の記事で、キラキラ星変奏曲練習中に問題に出くわしたとお伝えしましたが、

そのことについて書きたいと思います。

この曲って色々な名曲集に掲載されていて、私が持っているだけでも3冊に載っています。

ドレミさん(20年モノ)、全音さん(最近中古で買った改訂前のやつ)、そして音友さん。

私は、この3つの内、音友さんの楽譜で練習しています。

↓ちなみにコレ
150.jpg

そしてこの楽譜で練習を始めてから、すごく気になる部分が出てきてしまったのです。

第4変奏で、完全に同じフレーズが続くのに、片方はタイでつながっていて、もう片方はそうじゃないのです。
タイ無し

タイ有り

「この変化つける意味ってなんだろ???他の楽譜では違ってたりするんじゃないの???」

そう思い、まずドレミさんの楽譜をチェック。
ちなみにコレ↓
doremi.jpg

やはり、両方ともタイはついていませんでした。

さらっと他の箇所も見てみましたが、指使い以外だいたい同じ。

てなわけで、例の箇所は両方タイを抜いて弾くことにしました。

でも一応、全音さんもチェック。
エオリアンハープ目当てで買ったコレ↓
全音ピアノ名曲100選

やっぱり、タイ無しでしたーーーーーーーー!!!
これで心置き無くタイ無しで弾ける!!!と安心したものつかの間、

??????????????????????????????????

音友さん↓
音友さん

一方全音さんは。。。↓
全音さん

第三変奏で、音友さんとドレミさんにはない音がいくつか追加されてるーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

しかもトリルどこ行ったの?(´Д` )

少し気になったのですが、あまり目立たない音でもあるし、

謎の音は弾かないで練習していくことに決めました。トリルはとりあえず入れる。

そしてレッスンの日。

弾く前に一応先生にこの話をすると、

「え??音追加されてたの!!??? 原典版のやつ自宅に置いたままだから、コレ見てみようね」

そう言って見てくれたのは、私が持ってる全音名曲100選の改訂版。

改訂で変わったりしてるかな?とも思いましたが、

やはり私の持ってる古いバージョンと同じで、謎の音が追加されたままでした。

しかも、先生が他の箇所で、決定的な違いを発見してしまいました。

第一変奏の、超目立つ主旋律の所で、全音さんだけタイでつながってる箇所が!!

全音さん第二変奏

さすがにここは、聴き比べると目立ちます。

更に、音友さん&ドレミさんではトリルが付いている所に何もついてなかったり・・・
(上で書いた所以外も数カ所)

しかも先生は、普段生徒にこの曲を弾かせる時に全音さんを使っているそうで、

私の弾く音友バージョンに少し違和感を感じているようでした。

色々気になるけど、「色々楽譜使ってもわけがわからなくなるから音友でいこう!」との先生の助言で

これまで通り音友で練習することで決着をつけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とは言え、やっぱり気になる私。

amazonの洋書枠780円だったので、ヘンレの原典版ピースを購入しました!!!!

全音ピースと対して変わらない値段 (@_@) 初ヘンレでテンションあがります^^

kirakira.jpg

届くまで2週間以上かかると書いてありましたが、まーそれでもいいやと思いまして・・・

予定より早く、なんと数日で届き、早速チェックしてみると、ドレミさんの楽譜と完全一致し、謎の音はありませんでした。

やっとのことで、最初引っかかった第4変奏のタイ、第三変奏の謎の音と第一変奏のタイ全て「無し」にすることで納得できました。

色々な版があって、結構違いがあるということを知ってはいましたが、いざそれが気になりだすと、とことん気になってしまうものですね。

おそらく、どこかの外国の原典版で全音さんと全く同じバージョンもあるのだと思います。(そこまで研究するつもりはないけど 笑)

クラシックって奥が深いですね。

以上、趣味で楽しんでるピアノにも関わらず、勝手に振り回されてしまった話でした。

↓よろしければお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

レッスン (36回目)

昨日、レッスンに行ってきました。

新年度となり、新しい気持ちで!!という人も多いと思いますが

私は別に生活も変わり映えしないので、普通のテンションでレッスンへ 笑

今回のレッスンメニューは下記の通り。

1. 森の妖精 ギロック
2. 教会の鐘 ギロック
3. 春の歌 メンデルスゾーン
4. キラキラ星変奏曲 (本日は変奏5まで) モーツァルト


ギロックのこどものためのアルバム、中盤まで来ました!!!
これからどんどん曲らしくなってきますね^^

まず、森の妖精。
だからーーーーーーーーーー1曲目、どうしてこうもひどいかな・・・・・・・・・・
やっぱり弾き始めは鍵盤に慣れず、特に速い所で手が浮いてしまいます (+_+)
速度を若干落として弾きなおし、何とかスムーズに弾けました。
完璧、とはいかなかった気がするけど、こんなもんかな。一応これで合格。

そして教会の鐘。
1回目から、ちょっとミスタッチがありましたがなんとかスムーズに弾ける。
もう少し左手を目立たせて弾きなおし。
右手と左手をクロスさせるところで一瞬左手の音を見失ったけど、綺麗に弾けてるとのことで合格。
まあ、あと2週間練習する程でもないしこれで終了でいいかな。
難しい曲じゃないんだから完璧にやりたかった気もするけど (+_+)

そして春の歌。
ちょっとミスタッチしつつも、1回弾きとおす。あまり手が激しく動かないので、
鍵盤の重さも感じず気持ちイイ^^
ただ、何故か最初の2小節位、未だににタララン、タララン(前回の記事参照)となってなかったらしい ((+_+))
とりあえずその辺を集中して練習し、そのあともう1度通す。
今度は、クレッシェンドが見えると急激に音が大きくなる癖を指摘されました 笑
さらに、爽やかに弾かないといけない曲なのに、
「何故か情熱的すぎる」
とのことヽ(^o^)丿
その辺意識してもう1回!!!
やっぱり2、3回ミスタッチしましたけど、一応止まることはなく、なんとかうまくまとまりました。
「よくなったね!!!すごく上手^^」←ちょっと気を使ってくれてるのかなーという気もしなくもないけども (@_@)

とコメントもいただき、一応私も満足した状態で合格できました。
これも今後弾き続けて忘れないようにしたいです。

そしてキラキラ星変奏曲。
1週間前に譜読みを始めたので、結局変奏5までしかやってないままでした。
実はこの曲の練習中、色々と問題が発生していまして・・・・。
そのことで結構先生に時間を取らせてしまいました(^_^.)
先生、嫌な顔しないでいてくれてありがとう(p_-)

この問題については、他の方にも参考になる部分があるかもなのでまた別記事で書きたいと思います。

「キラキラ」のレッスンは、トリルの入れ方を少し変えたり、
右手が走りやすくなっている所を意識して弾きなおしたり、
短い時間でしたが有意義でした。

そして、すごくうれしかったことがあります。
それは・・・・・・・・・・・・・・・

「なんか左手の動きがすごく良くなったよねーーーーー!!!」

と言ってもらえたことです^^

左手の動きの悪さに悩んでいて、「ツェルニー8小節の練習曲」の左手メインの曲を中心にコソ練したり、
普通の曲の練習をするときも、左手の練習に力を入れたりと、コツコツやってきました。

今回「キラキラ」を選んだ理由としても、左手の練習ができるってことがありましたし^^

まだまだ下手だけど、少し効果が出てきたのかも (@_@)

ピアノに対するモチベーション、更にアップ中です!!!!

ちなみにレッスン後の雑談の話。

新しくアウトレットで購入したCOACHのバッグを先生に絶賛されました。

基本的に私はセンスのない、ダサイ奴なので、ピアノ褒められるよりもこっちの方がうれしいかも 笑

・・・・とこんな感じで、いつも通りウキウキ気分で帰宅しました。

次の2週間後のレッスンまでに、「キラキラ」をとりあえず最後まで譜読みすることを目標に頑張ります^^

↓よろしければお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

次の曲を決めた件。

こんにちは、ぶんごろです。

前回の記事で、「キラキラ星変奏曲」を勧められたけど長くて気が進まないので、

とりあえず週が変わってから気が向いた曲を新曲として練習し始めると書きましたが・・・・

新曲、練習し始めました。

そして結局、「キラキラ星変奏曲」にしました ヽ(^o^)丿エッ?!

理由としては、

・前から気になっている曲ではあったこと

・やっぱり古典派もちょこちょこ弾いてた方がいいと思ったこと

・苦手な左手の動きがあるけど、逆に練習になりそうで今後につながると思ったこと

・ハ長調で、少なくとも楽譜は読みやすいということ

・長い曲なので、レッスンに行ってる今弾かないと、一生手をつけなさそうなこと

・今の先生の所でレッスン始めてからモーツァルト弾いてないこと(私は色々な作曲家の曲を弾きたい派なので)

・気になる曲は複数あるけど、決めきれないのでとりあえず先生オススメの曲でいっとこうかと思ったこと 笑


・・・・・・・挙げると色々理由はありますね (@_@)

そして、

先生が挙げてくれた曲は大概なんとかなってき

ということも大きいです。

まだ練習初めて2日しか経っておらず、第12変奏まであるうちの第2変奏で早くも左手に結構苦戦していますが、

なんとかなりそうな手ごたえはつかんでいます。

そう言えば、以前勧められて騒いでいた「エオリアンハープ」は、またも後回しに・・・・w

正直、手をつけて結局挫折するんじゃないかと思って怖いのはあります。

でも、近い将来チャレンジする気ではいますよ!!!

そんなこんなで、ただ今の私の練習メニューは、

ハノン少々(時間がある時)ツェルニー8小節の練習曲(ここでは言ってませんでしたが実はコソ練してるのです)

というレッスン以外の練習をした後

・ギロック 森の妖精
・ギロック 教会の鐘 (最近好きになった曲!!!)
・メンデルスゾーン 春の歌
・モーツァルト キラキラ星変奏曲 (←NEW!!!)

となりました。結構大変。

最近の練習時間は、平日は大体1時間ちょっとしか取れません。

時間足りないです・・・・・(-_-;)

ですがお忙しい中頑張られている皆様を見習い、私も高効率を意識して頑張ります!!!!!

それでは・・・・

↓よろしければお願い致します m(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

レッスン (35回目)

一昨日の3月30日、3週間ぶりのレッスンでした。

3週間レッスンがない、となると、普段かなり物足りない感じがするのですが、

今回はこれに本当に助けられました!!!!

というのも、思った以上に春の歌に苦戦したからです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

・・・・・・・・・ある日のこと、レッスンに行くと、10分もしないうちに何故かレッスン終了となりました。

そしてその後、普段の先生からは到底考えられない発言が。

「よくこの状態で持ってこれたよねーーー 怒」

私の心の声  「先生!!!!急にどうしたの!!!!?????」






・・・・・・・・・・・・・・・・という夢を先週見てしまった程です 笑

どうやら知らず知らずのうちに追い詰められてたらしいですヽ(^o^)丿

因みに↑の夢については、レッスンの日に教室入った直後に先生にも報告済です。

「私、そんないじわる言わないよお!!」

と若干ショックを受けつつ、

(もちろん「先生がこんなこと言うわけないのはもちろん分かってるんですけど」とは伝えました)

「弾けないの気にしてるんだね、かわいそうに・・・・」

と意味深なコメントもいただきましたw

そんなこんなで、少しドキドキしながらの春の歌初レッスンとなった、一昨日のレッスンについての記録です。

まず、メニューは下記の通り。

1. 森の伝説 ギロック
2. 森の妖精 ギロック
3. 春の歌 メンデルスゾーン

まず、一曲目の森の伝説。

この曲、何故か曲調も好きになれず、そこそこ練習してもうまく弾けず、
微妙なまま持って行きました。

1回目、変な音を弾いた箇所がありましたが、とりあえずごまかして止まらず弾き通しましたw
フォルテを際立たせるために、最初のピアノを極端に小さくして、リタルダンドを
もっと意識して弾きなおして、とりあえず合格(^ ^)

もう2週間も練習したくなかったので、無難に合格にしてもらえて助かりました^ ^

2曲目の森の妖精は、結構好きになった曲。

普段はそこまで気にならないのですが、レッスンが3週間開くと、途端に速いフレーズで
鍵盤が重く感じて弾きにくく感じます。

そのせいだけではないですが、結局16分音符が続く場所で3度連続引っかかり、
次回へ持ち越しとなりました。

その他、Poco meno mosso のところで雰囲気を変えた弾き方をすることをアドバイスしてもらいました(^.^)
この曲は大好きなので、次のレッスンまでに表現を磨くのが楽しみです^ ^

そして遂にメイン曲の春の歌です。

3週間苦労に苦労を重ね、一応通せるようになっていたのでひとまず通しで弾きました。

先生の顔がめちゃ曇りました。。。。。。

と言うのも、装飾音符に気をとられすぎて、

左手の装飾音符を入れ始めるタイミングが早すぎ=左手の装飾音符がやたら遅い

状態だったのです∑(゚Д゚)まあ、夢の中で言われたような言葉はなかったので安心しましたが 笑

でも、ゆっくり、ペダル無しで弾き直しても、3週間弾いてついた癖をすぐに抜くのは難し過ぎる…(._.)

更に弾き直しても、最初は良くても途中ですぐ元の癖がでてしまう(~_~;)

本当にどうにもならないので、遂に先生は私の左手首を掴み、

弾き始めていいタイミングで離すという熱血的指導を始めました!!

「タララン、タララン!!」という掛け声付き 笑

いつも以上に熱心に教えてもらえて嬉しかったです(^ν^)

そしてその熱血指導の結果、かなりコツを掴めましたよ!!

独学だったら変な弾き方のままだったはずです。やっぱりレッスンを受けるのは大切ですね^ ^

その後、強弱等、表現面での注意事項を少し書き込んでもらい、それを基に次のレッスンに備えることになりました。

そして、「ここまで来ればもう仕上がるよ。次もう1曲弾いてきてみてね( ^ω^ )」

とのことで、もう次を決めないといけない状態になりました。

先生は、今回春の歌で使った楽譜に入っている「キラキラ星変奏曲」を若干勧めてくれたのですが、

ちょっと長いので躊躇しています…(._.)

とりあえず今週は春の歌を頑張り、来週位に気がむいた曲の譜読みを始めるつもりです^ ^

こんな感じで、一昨日のレッスン、本当に充実したレッスンでした。

早くも次のレッスンが楽しみです。

↓よろしければよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: