リハーサルに行ってきました。

この記事で触れていた、リハーサルが無事(でもないけど・・・)終わりましたので報告します。

まず、課題だった部屋の入り方ですが、例の記事の選択肢4となりました。(プラス、選択肢5の内、親と仲良くなるっていう要素も有)

実は、2時20分頃練習室がある建物に着きましたが、

その練習室がどこにあるか中々わからなくて少し彷徨っていたんです。

すると、小学校中学年位の女の子と、すごく綺麗なお母様の姿が目に入りました。

「ん?同じ教室の子かな???」

その後すぐにお母さんの方から私に話しかけてこられました。

「あの・・・・第一練習室はどこですか?」

よし、これはチャンス!

「私も探してるんです。大人の生徒なんですが、事情があって今日リハーサル参加するんですよ。一緒に探しましょう」

「あ・・・そ、ソウナンデスカ・・・」

微妙な空気が流れ・・・・何か話もかみ合わず、その親子は、部屋の名前の確認もあまりせずにどんどん歩いて行かれました。

あれっ???変な人と思われて避けられてる?!

完全にやってもーたーーーーー\(◎o◎)/→(と思ってたら、お母様が日本の方ではなかったことが判明し、ちょっと安心しましたヽ(^o^)丿)

結局、そのお母様がスルーした部屋を私が確認すると、第一練習室ということがわかったので、通り過ぎた2人を呼び、

3人一緒に部屋の中へと入っていきました。

・・・・・まず、「こんにちはー!!!」等と言いながら入れる雰囲気じゃありませんでした 笑

練習室とは言え、椅子が70~80個ほど並べられ、小さな発表会本番のよう。

空いてる椅子もあったけど、子供や親に混ざって座る勇気が出ず、一番後ろの端に立って見学することに。

まだ1週間以上あって完成してないからなのか、緊張しているからなのか、結構ミスしてる子も多くて

少しだけ緊張が和らぎました 笑

そして、中学1年生が弾いている時、先生が私のところに来られました。

「次高校生が弾くから、その次にぶんごろさんが弾こう。」

ここから徐々に緊張感が高まりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも高校生、ミス無しで弾いてるし \(◎o◎)/

誰も私のことなんてどうも思うわけないのに、変なプレッシャーを感じ始めました((+_+))

そして私の番。

高校生で終わりかと思いきや、父兄的な雰囲気の私が出てきたので皆さん驚かれたことでしょう・・・・。

先生が、「一人だけ、大人の生徒さんがいらっしゃいますので。」と紹介して下さった時、

心なしかうんざりした空気が流れた気がしました 笑

実際、私の1曲のせいで5分位押してしまったわけですし、ホントごめんなさいって感じです。

そして出来は・・・・・・なんとなくお分かりですね ヽ(^o^)丿

謎の緊張が走り、震えすぎて動かないということはなかったものの

手が浮いたような感覚になるのを感じました (@_@)

いつも間違えないところでのミスタッチもかなりしたし、

最後の方では、左手の音を5つ位連続で外し続けました 汗

ただ、流れを止めることなく弾けたのは収穫でした。

本番に対する不安は少し出てきたけど、どこを重点的に練習したらいいのか分かったのも事実なので、

やっぱり恥ずかしい思いをしながらもリハーサルに参加してよかったです^^

その後、連弾。

小さい子から連弾していって、最後に私と先生で弾きました。

(ちなみに、小学生の姉弟が弾いていた「カノン」がすごくよくて泣きそうになりました・・・・(*_*))

前回の本番でもそうですが、私、連弾は、一人じゃないからなのか、

だいぶレベルを落とした編曲になってるからか分かりませんが、

全然緊張しません。

ソロでもこれだけリラックスできてたら大きなミス無く弾けるのに・・・・・。

といいつつ、連弾も一か所6連符が入らなかったんですけどね(゜_゜>)

まあ、これは本番で修正可能だと思います。

ただ、先生が繰り返しの後結構な間迷子になって変な音弾いてました 笑

しかも先生の迷子に気づいて左側をちらっと見た後、何故かおかしくなって顏がにやけてしまいました(^_^.)

子供が見てるのにこんな感じじゃいけませんね・・・・・(-_-;)

反省反省。

その後、椅子の片づけを手伝っていると、アラフォー位の優しいお母様が

「椅子で指挟まないで下さいね!怪我したら大変だから。演奏すごかった!

と話しかけてくれました。

出来が悪かったのは自分は分かっているので、恥ずかしい反面、嬉しかったです^^

その後は、最後まで残り、更に先生のお手伝いをして帰りました。

・・・・・・と、こんな感じで、色々とありましたが、やっぱり参加できてよかったと思います。

大人だけの、少人数でのそ内輪的な感じではなく、かなりの緊張感で弾けたのも本当によかった!

もし次また参加することがあれば、こちらでお願いしたい位です 笑

因みに、おそらく本番前日に一回教室弾きに行くとは思いますが、

明日が一応本番前最後のレッスンです。

気合入れて頑張ってきます!

↓いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

決められない件。

全々回のレッスン時から、先生に

「発表会の曲、大分できてるし、そろそろ次の曲考えていいんじゃない?」

と提案されています。

目標としている、弾きたい曲は色々あるのですが、

発表会後は抜け殻状態になる予定だし (笑)、

なんせ、”まともな新曲を譜読みする” という行為を

ここ5か月間行ってなく、難しめの曲の譜読みをする程頭が回らないことも考えられるため、

まずは1曲、あまり頭を使いすぎないで譜読みできる曲を弾きたいと思ってるんです。

因みに前回の発表会後は、同じ理由で、「歌の翼に」 を弾いてから

ステップアップしました。

それを踏まえて、色々考えてみました。

1. 去年、満足するレベルに仕上がらないまま終わった「悲愴ソナタ第一楽章」にリベンジ。

 
→譜読みは1回してるから時間かからないけど、また通せるようになるの多分時間かかるし・・・もうちょい寝かしとこ。

2. 発表会曲の候補になり、一応最後まで譜読みしてレッスンに出してない「雨だれ」。

→ショパン続きってどうなんだろ????

3. 軽めの曲で、一通り勝手に練習して既に弾ける曲シリーズ。

その1. 「小さな黒人」 ドビュッシー →You Tube 見てると、小さい子向けなんかな? どうなんだろ・・・
その2. 「アリエッタ」 グリーグ →さすがに短すぎだRO!
その3. 「バームクーヘン」  湯山昭 →いい曲ではあるけど、なぜにこの曲をチョイス? しかもなんとなく先生が困りそう;^_^A

4. 発表会の曲決めの時に気になり始めた、「タンゴ」by アルベニス。

→この曲でさえ、新しく譜読みする気力がないかもしれぬ。

5. 古典派の曲なら読みやすいかも! この際、去年チラッと勧められた「テンペスト 第三楽章」に挑戦するか!

→いやいや、10ページあるし(*_*)発表会明けには重すぎ・・・・

こんな感じで、全く決めきれずにいます。

好きな曲は色々あるし、ピアノは大好きなのになんでこんなに悩むんでしょうか・・・・;^_^A

アホです。

ちなみに明日(というか日が変わったので今日ですね) リハーサルだから、まずはそれをクリアしないと…(*_*)

落ち着いて弾けたらいいなあ。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

アホな悩み

前の記事で、子供のリハーサルに混ざることになったとお伝え致しました。

そのリハーサル自体は、1時から始まるのですが、

うちの教室の発表会、子供たちはハンドベル演奏等もあってリハーサルではその練習もしますが、

もちろんそれには私は参加する必要がありません。

また、幼稚園児から順番に弾いていくと、かなりの時間になります。

・・・というわけで、前回のレッスンの日、私は2時半位に来るように言われました。

最初時間を言われた時は何も思わなかったのですが、色々考えるうちに、どうでもいいことが気になりだしました・・・・・・

それは・・・・・・・

どうやってリハーサルが行われている部屋に入れば良いのか。

と言うのは、

前の記事の通り、子供のリハーサルは、親御さん達もいらっしゃいます。

その親御さん達が子供たちの演奏を聴いている中に、おそらく親御さん達と同年代と思われる私が、

途中で「生徒として」入っていくわけです ((+_+))

「どっかの親が遅れてきた!!!!」的な雰囲気にしたくない・・・・・・

でも、「何故かおばさん生徒が乱入してきた!!!」的な雰囲気も嫌だ(-_-;)

で、パターンを色々考えてみました。

1. 若作りの服装で行き、親っぽい雰囲気を極力消す。その上で、ピアノの演奏が終わった瞬間を見計らって、
 「こんにちはーーーー!!」と明るく登場。

2. 若作りの服装で行き、親っぽい雰囲気を極力消す。誰かの演奏途中でそっと中へ入り、先生が私を発見してくれるのを待つ 笑

3. 服装はあまり気にせずそのまま行き、ピアノの演奏が終わった瞬間を見計らって、「こんにちはーーーー!!」と明るく登場。

4. 服装はあまり気にせずそのまま行き、誰かの演奏途中でそっと中へ入り、先生が私を発見してくれるのを待つ。

5. この際、先生に許可をとって開始時間から行き、親御さん達に事情を話しておく 笑

バリエーション少な・・・・・・(*_*)てかホントにばかばかしくてごめんなさい 爆

でも、マジでどうするべきか悩んでます・・・・。

皆様ならどうしますか?????

レッスン(48回目)あったけど、違うこと書きます。

こんにちは。ぶんごろです。

先週火曜日、48回目のレッスンでした。

「華麗なる」の、コーダの最初の部分が、なかなか弱くならないので

ソフトペダル使用が決定した以外は変わったこともなく、

特段書くこともないので、今回のレッスン記録については割愛します。

未だにノーミスで弾けたことはないですが(涙)、止まらなくはなりました。

因みに、今回書きたいことというのは、週末行われるリハーサルのことです。

連休前に、祖父が亡くなったのはお伝えした通りですが、

その、四十九日の日取りがリハーサルと丸被りしてしまいました!!!

元々、その日取りを決めた時は、リハーサルの日程は知りませんでしたが、

発表会前の週末ってことで、嫌な予感はしていました。

父は、「リハーサル優先でいいぞ」と言っていましたが、

そんなわけにもいかないなーと・・・・・。

とりあえず、まだ1か月以上あったので、日程が決まってないかもという期待込みで、

次のレッスンで先生に相談することを決めました。

すると、既に日程は決定していて、時間まで丸被りでした ((+_+))

「父は、リハーサルに行けって言ってはいるんですけどね・・・・」と言うと

先生は「いや、そういう家族の集まりに出ないのはやっぱり良くないよ」

と言われ(私もそう思います)、「そういうことなら、ぶんごろさんはリハ無しでいいかなー」とオソロシイことを言い出しました(@_@)

「でもぶっつけ本番ってのは不安すぎるんですよね・・・・」と言うと

「それなら、子供のリハーサルに出たらいいよ!」

と提案されました。

話を聞いてみると、大人のリハーサルは日曜日で、子供のリハーサルは土曜日。

大人は、7人しかいないため、教室でのリハになるのに対し、

子供は50人近くいるため、ホールの大練習室を借りて行われ、更に生徒の親御さん達も来られるとのこと。

「その方が緊張の練習になるし逆にいいかもしれませんね!」

と、二つ返事で承諾し、先生からの提案に対しありがたく思ったのですが、

日程が迫ってきた今、バカバカしい(けど私にとっては切実な)悩みが生まれました・・・・

次の記事に続きます。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

ヤケ酒改め祝い酒 

・・・・・てなわけで、火曜日のレッスン後、はじめて先生と飲んできましたのでお知らせします!

まず私から一言。

「いやー、ホントに別れた時はダメージ大きかったんですけど、今考えるとあり得んことだらけだったし、別れてホントにスッキリしたんで、今回はヤケ酒じゃなくて祝い酒でおねがいしまっす!!!!」

そして先生↓

「わかった!!!!!!!おめでとう!!!!!乾杯!!!」

それから、ビールを飲みながら、お互いの家族の話、共通の趣味である海外旅行の話、

私の過去の話、英語の話(私は英語を使った仕事をしていて、先生は英会話を習っています)、

等々、ノンストップで約2時間話し続けました(@_@)

勢いに任せて、子供の頃のピアノ歴は中学までだと偽ってたけど、実は高校に入っても少し続けてたことも言えてスッキリしました。 (どっちにしても先生忘れてそうだけど 笑)

先生は先生で、前は年齢聞いても

「それは言われん!でもお母さんとあまり変わらないよ」とか言ってぼかしてたのに、

「私昭和3○年生まれだからさー」

と、具体的な生まれ年を自ら暴露!!!!

ちなみに、母より1才だけ年下でした。ホントに若くみえます!

更に、「私、旦那と仲悪いもん www」等、

結婚もしてなければ年齢も20以上下の私に何故言うのか(爆)と思う話まで暴露!!!!!!!!!!!

そして「一緒に旅に出ることで変わる友人関係」という、旅好きあるあるネタでは

異様な盛り上がりを見せ、先生の発言から、意外にツンデレな一面を垣間見ました 笑

真面目な話題って少し位でも出たかな???????????

いや、多分出てませんヾ(o´∀`o)ノ

発表会の話が少し出た気もするけど、後は単なる酔っ払い毒舌女二人組のどうでもいい話のみ・・・・ヽ(^o^)丿

先生と生徒という関係の上、年も離れてるのにこんなんでいいんでしょうかね????????

でも、色々ざっくばらんに話せてめっちゃ楽しかった!!!!!

また、近いうちに2回目がありそうな感じです。

というか、下手したら一緒に旅行にまで行くんじゃないかという勢いですヾ(o´∀`o)ノ

また、面白いことが起こったら報告しますね。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: