(;゜0゜)

先日の、私にしては珍しくクソ真面目な記事。

スルーされるかなと思っていたのに、コメントもいただき、

更に、過去最高数の拍手をいただいて驚いています(゚o゚;;

驚いていると同時に、文才のない私の文章が伝わり、嬉しく思っています。

ブログ村のピアノカテゴリーでも、記事ランキングで2位になりました。

ただ、嬉しい反面、目立ちすぎるのも困る気がします。

先生に見つからないように、もう少し大人しくしようかなーと思案中です(;^_^A

先生のこと本当に大好きだし、悪いことは書いてないつもりですが、やっぱり見つからない方がやり易いです 笑

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

やめます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

最近ブログを色々いじっています。

プロフィールに全部組み込んでいた今まで弾いた曲を、別のプラグインのフリーエリアに入れたり、

練習中の曲を書く欄を作ったり。

テンプレートも一瞬変えてみたけど、これはしっくりこなかったから結局戻しました 笑

プロフィール画像も替えました。(去年の発表会の写真をいじりました)

・・・・・色々マイナーチェンジしたけど、自分の中で大きな意味がある変更。

ブログ村でもそうですが、プロフィールの中で「下手」だとか「低レベル」だとか書くのをやめました。

ピアノのことを実生活で聞かれて、「初心者レベル」とか言うのもやめることにしました。

ただ、自分の演奏レベルに対して自信がついたとかじゃないんです。

実際上手いか下手かでいうと絶対「下手」な部類に入るって充分分かっています。

誰かと競争してピアノやってるわけでもないんだし、

要は「大人でもレッスン受けて、少しずつでも曲が弾けるようになってることには自信持っていいじゃん!」て思ったんです。

それに、明らかに上級レベルの人が、「永遠の初心者」とか書いてるのを見て違和感を感じたり、

「じゃあ私って一体・・・・」と微妙な気持ちになったりすることもあります。

私が自分のことを同じように形容しても、同じように感じる方がいらっしゃるかもしれません。

そうだとすれば相手に対して失礼だと思います。

自分の能力に過度な自信を持つのは有り得ないけど、卑下する必要もない。

もちろん、どんなレベルにある方でも、常に納得いかない部分があるのは百も承知です。

他人のことについてでも、自分のことについてでも、認める部分は認めるべきだし、

日本人特有の「間違った謙遜」、すごく損だと思うので、皆さんも考え直しませんか???

・・・・・って、いつもやたらオバカな記事書いていながらこの内容・・・・・・

ウザいですね・・・・・・((+_+)) ごめんなさい。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

次の曲 & 負荷曲

前回の記事で、今年中は緩めの選曲(隠し種 or 同レベルの曲)で行くと書きましたが、

実はこれを決めかねています。

ただ、今後レパートリーにする可能性も考えると、隠し種の中から、「小さな黒人」 or 「マズルカop7-1」 あたりかなーと。

マズルカは、中1位の時レッスンで弾いたことになっているのですが、

リズムがボロボロで、今考えると全く曲になって無かったので、きちんと理解した上でやり直したい気持ちも強い。

しかも、習い始めの時に先生が印つけてくれた曲に入ってるし^^

小さな黒人は、前も持っていこうとして準備したこともあるし、好きな曲調だし、今出したい気もします。

とりあえず、次のレッスンが再来週の土曜日だし、ギロックも持越し曲なので少し余裕あり。

ひとまず両方練習してみて決めようと思います。

そして本題の、来年、負荷をかけて練習する曲。

先生から出された候補を発表いたします!!!!

「ぶんごろには無理だろーーーwww」とか鼻で笑わないでくださいね・・・・

1. ベートーベンのソナタ (テンペストとか・・・・)

ぶんごろの心の声(以下「ぶ」)うむ・・・テンペストは憧れ曲リストにあるし、実はそろそろ・・・って考えてた曲。いいかも^^

2. ラプソディーOp.79ー2 ブラームス

ぶ: 今ピアノ教室開いてる友達が高校の頃聴かせてくれた曲だなー。めちゃかっこいい曲!ちょっと難しそうだけどどうなんかな・・・・

3. 飛翔 シューマン

ぶ: またもや憧れ曲リスト入りしてる曲キターーーーーーーーーーーー

4. ショパンのエチュードもいいよ。(ぶ: エオリアンハープのことかな。。。)黒鍵とか。

ぶ: WHAAAAAAAAAAAAAAT??????

って、ホントは先生の口からは飛翔より黒鍵のエチュードが先に出たんですが、

フェイク入れて衝撃度順に並べてみました。

黒鍵のエチュードね、昔使ってた電子ピアノのデモ演奏に入ってて、なんか速くてかっこよくてそりゃーめちゃ憧れましたよ。

しかも当時、ピアノ曲なんて大して知らないから、世界一難しい曲だと思ってたし 笑

弾けるもんなら弾きたい!!!!!!!!!

でも、現実的に考えて一生無理と思ったから大人になってからの憧れ曲にさえ入れることもなかったわけで。

ただ、そう言えば、去年、使ってたショパンの名曲集にたまたま載ってた黒鍵の楽譜見ながら

「これいけるかもよ」

て言われたんですよ。

先生なりのジョークだと思ってスルーしてたから完全に忘れてました 笑

確かに、右手だけは良く動くって言われるから、

完成度を求めなければ、革命とかよりは弾ける可能性は高そうな気もしなくもないです。

そんな曲に挑戦することが現実として見えてきた今、混乱してしまって、どうするべきか本当に迷っています。

(ちなみにエオリアンハープも弾きたいけど、今はカッコイイ系の曲の気分です^^)

別に人前で弾くための曲でもないし、ゆっくりめで自己満足でも、一旦ある程度の所まで弾けるようになればいい。

そう考えると、「黒鍵」いってみたいかなー。

去年「悲愴 第1楽章」やった時も、出来る気がしなかったけど結局そこそこできたし。

でも、曲のレベルがかなり違うしな・・・。ゆっくりめで通すとこまでさえも行かなかったら?練習時間が勿体ないかな??

いや、寝かせてまた挑戦すればいい話?

そもそも挑戦しなければ一生弾けないし、特に速い曲は少しでも若い時にするべきとも言いますしね。

てか、できれば候補曲全部弾きたいけど、 (笑)

まず年明け一発目の本気曲を決めてテンションあげたい。

でもまたウジウジ考えてしまって考えがまとまりません。

どなたかお助けをーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

↓いつもありがとうございます^^
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

レッスン (51回目)

昨日、51回目のレッスンでした。

前回のレッスンから1週間しか経ってない中、一応2曲、

1. 雪の日のソリのベル ギロック
2. 楽興の時 第3番 シューベルト


最後まで弾けるようになって持って行きました。

まず、雪の日のソリのベル。

最初に、両手で1回通して弾きました。

少しミスタッチはありましたが、思ったよりも指は動いて、スムーズに最後まで弾けました。

ですが、結構ダメ出し多かったです 笑

1. 出だし、なんか右手と左手が若干ずれてるかも。

2. 左手主旋律の所で右が目立ちすぎ。もう少し右を小さく&左手をもう少し大きく。

3. スフォルツァンドからピアニッシモになる所をもっと際立たせる為にもっと強弱を大げさに。

4. 最後、もう少しリタルダンドっぽくした方がいいんじゃない?

5. なんか、クライマックス部分のペダルの繋ぎ方おかしいよ 笑

主にこの5点の注意を受けました。

まず一回、左手主旋律の所を片手だけ弾いてみて、その後また通しで(途中何度も止められながら ^_^;)3回位弾きました。

1、3、5はすぐ対応できたけど、2、3はかなり意識しないと難しく、なかなか自然な表現になりませんでした。

3回目で、結構いい線行った!!!けど、あとちょっと物足りない感じ。

というわけで、次回へ持越しとなりました。

実は元々この曲が好きになれず、さっさと終わりたい気持ちがありましたが、練習が進むに連れて結構好きになってきました。

次のレッスンまでに頑張って完璧にしたいと思います!

そして2曲目の楽興の時第三番。

一応通して弾けるけど、小難しく細かいミスタッチがその都度出てきます。この曲、聴いた感じより難しいんです((+_+))

特にここ↓
img_0.jpg

聴いてるだけだと難しく感じないけど、弾くとマジで何じゃこりゃ!です 笑

因みにこれはネットから取った画像ですが、私の音友の楽譜では結構謎な指使いが指定されていて、

家では何とかそれで弾けてたのですが、最初に先生の前で両手で弾いた時はこの箇所でボロボロになりました((+_+))

それから、1箇所で譜読み間違いの修正と、6度の和音の連続の所で指使いの修正が入りました。

ボロボロになるところがあるので、右手だけでまた弾いて、

何度か両手で弾くと、3回目位で画像にある個所も成功し、意外といい感じに弾けました。

とは言え、雪の日のソリのベルの出来とそんなに変わらんな・・・・こりゃ持越しだな。・・・・と思いきや。

○つきました 笑

・・・・・・・・まあ、雨だれも1回で終わったし、あと2週間弾き続けるより次の曲したいしそんなもんか。

等と考えていると、先生が毒を吐き始めました (@_@)

「これさー、ずっと地味な感じだし、盛り上がりないし、あんま好きな感じじゃないよねーーーー」

一応私が自ら選んで持ってきた曲に対してやたら正直に言われてちょっと驚きました 笑 

距離が近い証拠かなァ?? (*^。^*)爆 いやー大好きだこの先生。おもしろすぎ!!!!

ていうかこの毒舌・・・・・・・・・あなたはもしや私の母ですか????\(゜ロ\)(/ロ゜)/

でも意外と難しいのにそれこそ盛り上がりも無くて弾き映えしないし、

自分としては特に嫌いな曲ではないけど、先生の言うことはめちゃわかります(@_@)

「これ、報われない曲ですよねえ・・・・人前では絶対弾きたくない!」

私も先生にほぼ同意ヽ(^o^)丿

こんな感じで、とりあえず今回は、「雪の日のそりのベル」が持越し、「楽興の時」が合格となりました。

そして、今年一杯は程よい難易度の曲を選曲して、

年明けから負荷をかけて難しめの曲をやると決めました。

先生から数曲提案してもらった中に、もしや先生が狂ってしまったのではないかと思う位の

もんのすげーーーーーー曲が含まれていたので混乱しております\(◎o◎)/!

その曲について書くとまた長くなるので次の記事で書きます。

年内は隠し種か、同じ位のレベルの曲を持って行くつもりですが、これについても次の記事で触れたいと思います。

それでは皆様、良いピアノライフを!

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

隠し種を増やした件。

突然ですが、普段のレッスンで本格的に弾く程もないけど、練習時間が取れなくて負担を減らしたい時や、

メインの曲がほぼ仕上がっていて、プラスαでもう一曲という時の為に譜読み済の曲を

数曲隠し持っています。普段レッスンに持って行く曲より難易度低め & 短めの曲ですが、

常に弾ける状態というわけではなく、1日練習してほぼ戻る位の感じになっています。
(※ストリーボッグの「すみれ」のような、ほぼ初見で弾けるような曲は対象外)

今回急遽レッスン用にした「楽興の時 第3番」も、そんな曲の一つです。

ここでそんな「隠し種」の曲を紹介したいと思います!!!

A. 子供の頃を含め、レッスンでやったことが無い曲

1. アリエッタ グリーグ
2. 小さな黒人 ドビュッシー
3. ト調のメヌエット ベートーベン
4. バウムクーヘン 湯山昭
5. チューリップのラインダンス 平吉毅州
6. エチュード・アレグロ 中田喜直

B. 子供の頃やったけど、もう一度きちんとやりたい曲

1. エリーゼのために ベートーベン
2. 花の歌 ランゲ
3. 乙女の祈り バダジェフスカ
4. マズルカ op7-1 ショパン

この10曲の内、バウムクーヘンと花の歌以外、全て音友の「ピアノ名曲150選 初級編」
に載っています。
(この本、バラエティに富んだ曲が73曲入っていて1200円+税なのですごくお勧めです!)

こうやってリストアップして見ると、グループAって結構謎な選曲ですよね・・・・。

邦人の曲に至っては完全に子供対象だし。

ですが、この3連休でもう1曲、そんな子供対象の邦人曲を隠し種に加えました。

その曲とは・・・・

「いいことがありそう! by 湯山昭」です。まさかの湯山さん2曲目。
(ちなみにこれも「ピアノ名曲150選 初級編」に載ってます 笑)

こんな曲です↓


2年前、レッスンを受け始めた頃にこの本を持って行った時、

先生が、お勧め曲に適当に印をつけてくれました。

現代曲、邦人曲に全く印がつかない中(印がついていなくても譜読みした曲はありますが)、

「これ、楽しそうな感じだよ」と言いながら唯一先生が印をつけたのがこの曲でした。

ですが、ずっとスルーしていて、最近では完全に存在を忘れていたんです。

この曲のことを思い出したのは、先日の発表会のリハーサルの時です。

小学生が弾いていたのですが、本当に素晴らしかった!!!!

そして発表会が終わり、ちょっと余裕がある今弾いてみることにしたのですが、

自分で弾いてみて、更にこの曲が好きになりました。

この曲を弾いていると、自然と陽気な気分になってきますヽ(^o^)丿

左手の16分音符の部分もあったりして、私にとってはいい練習にもなります。

子供向きと思っていても、やっぱりいい曲はいい曲なんですね。

これからも、手頃で面白そうな曲があったらどんどん手を出していきたいと思います。

何かよさそうな曲があれば、皆さんも教えてくださいね。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

暴挙

突然ですが、実は、先日の日曜日体験レッスンを受けてきました。

そして今日、(と言ってももう昨日ですが) 入会を決心して電話しました。

「え?ぶんごろさん今の先生のこと信頼してたんじゃ…なのに何で??」

…………という皆さんの心の声が聞こえそうですが、

心配ご無用です!(…て誰も心配してないか(^◇^;))

だって体験レッスン、ピアノじゃないから 笑

ピアノは今の先生以外考えられない位なので、引き続きレッスン続けますよー^o^

その楽器とはアイリッシュハープです!

ピアノの上達があまり見えない中、新しい楽器に手を出すという、正に暴挙

アイルランドに1年弱住んでたことがあって、前から興味があったんですが、

自宅から車で簡単に行ける場所で習えることが判明したんです。

数ヶ月迷いましたが、人と違うことがしてみたいのもあるので、やってみることにしました。

ピアノの上達が滞って悩んだ時に、もう一つ何かやっていると、

両方にいい効果があるんじゃないかとも考えました。

……と、色々考えがあってのことです。

楽器を習うからには、自宅で練習しないのはあり得ないので、

購入するのか、レンタルするのか等検討したいと思います。

ただ、色々言ってもメインはやっぱりピアノです( ̄▽ ̄)

ハープは、月2回レッスンで始めて、

数ヶ月で演奏の基礎がある程度できたら、レッスンを月1にするか、

レッスンを卒業して自分で好き勝手にやるかどちらかにしようと考えています。

練習時間も、もちろんピアノ優先です。

(↑最初からこんな考えでごめんよ先生。。。)

ちなみにレッスンに関して、1点不安な点が。

それは、初めて年下の先生に習うということ。2、3歳とかじゃないですよ。めちゃめちゃ年下!

気を使って無駄に褒められまくったりしたらいやだなあ。

でも異性なので逆にいいのかなあ。

いや、でもこのBBA覚えわりーなーとか思われたらどうしよう 笑

色々考え始めると止まりませんが、新しいことに挑戦するのはすごく楽しみです。

頑張りません。楽しみます^ - ^

以上、ご報告でした。

レッスン (50回目)

こんにちは。ぶんごろでございます。

11月17日、発表会後初且つ50回目記念のレッスンでした。

「今日50回目のレッスンなんですよーー^ ^」と言うと

先生は

「今の若い子は記念日大切にするらしいねー」とおっしゃっていましたが・・・

何度も言うように私は三十路超えなのでその枠には入れないと思いますヽ(^o^)丿

・・・・とか書いているとまた長くなるので、とりあえずレッスン記録です。

今回のレッスン曲は下記の通りです。

1. 雨の日のふんすい ギロック
2. 雨だれの前奏曲 ショパン


(ちなみにレッスン日、ここ福岡は雨でした(@_@))

まず結論から。

両方○(マル)ついた!!!!!!!!!!!!!!!

「雨の日」はまあ、練習曲だし、いい感じだしなんとなくそうなりそうな気はしてました。

「雨だれ」は、正直あと1回って言われると思ってたので予想外でした 笑

まず、「雨の日」。

ペダル入れて弾くと、音が有ってるか分かりにくいからペダル無しで一回弾いてみてと言われ、

2回目はペダル無しで弾きました。

一応譜読み間違いはなかった!!!!!!

その後、3回目にまたペダルを入れて弾くと、

ブレスと、フェルマータの真の取り方、アクセントを付ける音についてなどの修正が入り、

とりあえず4回目、ちょっとミスタッチはありましたが、いい感じに弾け、すんなりと合格に。

この曲は、こどものためのアルバムの中でも好きな曲だし、1分ちょっとの短い曲なので

これから自主的に弾きこみたいと思います^^

そして、「雨だれ」

簡単に言うと、

「途中、ソのシャープの連続の時に急ぎすぎる」

「テンポが揃いすぎている」

この2点を注意されました。

ワルツは揺らしすぎず、ある程度テンポを保つのが基本だけど、

雨だれはその対極にある曲だから・・・と。ふむふむ。

注意されたことを意識してそれから2回位弾いてみて、とりあえずまあまあな感じになったので○つきました。

こんな奥の深い曲を、たった1回のレッスンで切り上げるなんて!・・・・

ともしかしたら疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、色んな曲を弾いてみたい!という私の希望を汲んでくださってのことなので一応付け加えておきます^^

同じ教室に、1年以上同じ曲を弾きこんでいる方もいらっしゃるそうです。

雨だれは、ゆっくりな曲で、メカニック的には問題ないので、年を重ねてからでも問題なく弾き続けられそう。

数十年かけてちょっとずつ温めてもいい曲だなーと思っています^^

・・・・・・・・・・・ただ、やはり1回で○がつくのは予想外だし、実は困ったことになりました 笑

というのは、いつもは2週間毎にレッスンなんですが、日程の関係で次は1週間後!!!

しかも、順番にやってるこどものためのアルバム、次の曲は「雪の日のそりのベル」

手がカチコチの私にとってはかなりの難曲ですやん!!!!!!!!!!!

ここでメインに難しめなのを選ぶと、次のレッスンまでに数小節しかできてない状態になる可能性もあります。

それはちょっと避けたい((+_+))

「次どうしようかーーーー?」

「次、もう1週間後ですからねえーーーーー・・・・どうしようかなあ。」

「あ、そうだったね!!!!」

先生は忘れていたようです ^_^;

今回のレッスンで使った「ピアノ名曲150選 初級編」で、

雨だれの前に載っていた「前奏曲28-7」を最初提案されたけど、あまりにも短すぎるし、あまり気乗りしなかったので

「うーん・・・・」とうなっていると、

先生がペラペラとその本をめくり始めました。

「あ、バッハとかの簡単めなの弾くのもいいかも」

とも言われたけど、この本に載ってるバッハって、メヌエット(超有名なト長調とト短調)、ミュゼットニ長調とかなんですよね・・・・

いい曲で、おそらくすぐ終わるとは言え、メインの曲にはしたくないかもなあ。

最終的には「いろいろいい曲載ってるし、何でもいいから好きなの弾いて来てね!」との事でした。

大人の趣味生徒なので、先生はアドバイスはくれるけど、基本は自分で好きなのを選ぶ感じになるわけですね。

結局、次の日に色々弾いてみて、以前レッスンに関係なく譜読みした隠し種の、「楽興の時 第3番」を持って行くことにしました。

もう1、2回レッスンになるかもしれないけど、それはそれでいいです^^

次のレッスンは、3連休明けの火曜日です。

雪の日のソリのベル ギロック (←私にはワルツエチュードよりもムズイ!)
楽興の時 第3番 シューベルト

この2曲、特にギロックはまずい状態ですが、レッスンの日まで頑張ります!!!!!

↓いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

結局ショパン続きにした件。

この記事で、次の曲を迷っていることを書きましたが、結局「雨だれ」を選んで練習しています。

手を9度に開き、且つその間にも和音がある箇所があるのが大変ですが、まあまあいい感じに弾けるようになりました。

表現は難しいですが、テクニックだけで言えば、やはり「華麗なる」よりかなり易しいですね。

全音ピースのレベルって一体・・・・・。

大人からピアノを始めた方へのお勧め曲として挙げられているのも頷けます。

この曲の他には、発表会前、1曲目から順番にレッスンを受けていた「ギロック こどものためのアルバム」が復活し、ワルツエチュードの次の

「雨の日のふんすい」 を練習しています。偶然、雨つながり!!!!

この曲、そんなに難しくないのにかなり高度に聴こえるのでお勧めです。

雨だれより受けはいいかも。

明日、発表会後初のレッスンでこの2曲をみてもらいます。

すごく楽しみです^^

ちなみに、なんとなくですが、雨だれの次の曲の話になる気がします。

次はもう少し自分に負荷をかける選曲にするぞーーーーー!!!!

こんな感じで、発表会後も変わらず頑張りたいと思います^^

今後ともよろしくお願い致します♪(/・ω・)/ ♪

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

発表会写真

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

発表会記録

早いもので1週間が経ちましたが・・・・

発表会の記録です。

発表会前日になり、不安な個所が急に出てきて、緊張で30分程しか眠れないまま

美容院に向かい、簡単にセットしてもらってから会場に向かいました。

会場のピアノで、一回だけ弾かせてもらえます。

私は、一番初めに着いたのですぐ弾かせてもらえました。

確か、前回はこの時点で既に謎の緊張が走ったんだったな・・・・・・

でも、今年は気持ちよく弾けました!!!!!この調子ならイケる!(この時点では・・・・ですが 笑)
必要以上に緊張することもなく、先生とくだらない話をしたり、

客席に座ってプログラムの最初の方の人の演奏を聴いたりしながら

リラックスして過ごすことができました。

少し眠いので、緊張するという精神状態にまで行かなかったのかもしれません。

そして出番が近づいて舞台裏へ。

自分の前の人が弾いてる時も、緊張してませんでした。

でも、本番・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。やっぱり手が震えはじめました。

曲想はそこそこつけれたと思うけど、ミスタッチの連続。

迷子にはならなかったけど、弾きなおしまでしてしまいました。

正直、ここまで崩れるとは思ってなかったのでちょっとショックで・・・・。

舞台袖に戻る時は、放心状態になっていました。

誰の顔もまともに見れなかった(*_*)

普段おしゃべりな私も、一言も発せない状態に。

でも、すぐに先生との連弾があるので気持ちを立て直さないといけません。

舞台袖で床を見つめながら、必死に自分の演奏で良かった所を探しました。

子供の頃、人前で演奏したことすら無かった私が

そこそこ長い曲を選んで、暗譜が飛ぶことなく、最後まで弾ききれたことに関しては

素直に自分を褒めていいのではないかと考えました。

そして、連弾は思いっきり楽しんで弾くぞ!!!と気合を入れて

笑顔を作って舞台へ。

一か所、6連符の箇所で指が回らず3連符になった箇所もありましたが、

そこ以外は間違えなかったし、楽しく、気持ちよく弾けました。

セカンドピアノの先生の調子もすこぶるよかった!!!

作り笑顔から、本当の笑顔になることができました^^

そうなると、ソロのことも(実際どうかは置いておいて 笑)

そんなに悪い出来ではなかったんじゃないかと思い始めました ヽ(^o^)丿

そして、連弾が終わって舞台袖に入った後、

先生が声をかけて来てくれました。

「さっきの連弾、今までで一番いい出来だったよねえ!!!!」

・・・・・で私は、興奮して

「だから思ったほど落ち込んだりしてないですよーーー^^ 大丈夫ですからっ^^」

と、よくわからない答えを返してしまいました。

興奮のあまり「ソロで失敗したけど」という一言を入れ忘れ、答えにならない答えを返してしまったわけですね・・・

お手伝いに来てくれてた先生の妹さんも、その会話を聞いて笑ってらっしゃいました (^_^;)

変な人って思われたかなーーー。

でも、何が言いたかったか通じていたことを祈ります!!!!!

全てのプログラムが終わって、先生もおそらく帰宅されたと思われる時間帯に、

・出来は良くなかったけど、思ったより満足していること
・先生との連弾が超絶楽しかったこと
・先生と、その妹さんの連弾に感動したこと
・参加させてもらったことへの感謝


この4点を中心にラインでメッセージを入れました。

半分なぐさめかもしれないけど、

先生は、ソロの演奏のことを褒めてくれた上、

私(ぶんごろ)との連弾は本当に楽しかったとも言って下さいました。

ソロ、決して大満足の出来ではないし、悔いの残る演奏になりましたが

先生がそう言って下さるなら信じようと思います。

本当にこの人が先生で良かった!!!!

間違ったけど、止まらなかった。今回はそれで満足しようと思います。

次回の発表会は、1年半後。

もし参加するとすれば、35才になっています。

さすがに結婚してないとヤバいな・・・・とか色々考えることはありますが

やっぱりピアノ大好きですし、

習ってる先生も本当に好き。

あまりごちゃごちゃ考えずに、

今後も、自分の気持ちに正直にピアノを楽しんでいこうと思います。

↓いつもありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: