レッスン(6回目~7回目) + 発表会出場決心まで

先生の入院と年末年始があり、5週間レッスンが空いた後のレッスンからの記事です。

そう言えば、年末最後のレッスンの時に、年開けたらまた発表会でるか聞くね!!!(発表会はGW中)って言われたのを
思いだし、まだ迷ってた私は少しドキドキしながら今年の初レッスンへ行ったのでした。

第6回 2014年1月14日

ツェルニー30-7  OK
ツェルニー30-9  持越し
幻想曲さくらさくら 持越し

まずは、ツェルニー7番の左手が浅目にどうしてもなってしまうため、意識して弾きなおして一応OKをもらいました。
9番は、読み間違えがあったのと、左手が満足に動いてなかったので持越しとなりました。

さくらさくらは、旅行に行っていた1週間を除いて毎日練習し、一応最後まで譜読みしていましたが、
先生のところで弾くとやっぱりボロボロ。ペダル踏みすぎなど色々注意され、次週持越しとなりました。

そして発表会のこと。もうこの子は出ないと思われていたからか、結局先生からは触れられず、かといって
どちらにも決めていないので私からその話題をふることもなく、そのまま帰宅となりました・・・・

~第6回レッスンと第7回レッスンの間~


数日間、色々考えました。今年は見学だけしてみて、出たいって思えたら次出るって形でもいい。
でも、次は1年半後。生活が変わって、続けれない状態になっているかもしれないし・・・・
というわけで、決心しました。出る!!!!!!!

この時点で、次のレッスンまで1週間ありました。

「これは、今言っとかないと決心が揺らぐかもなあ・・・・」

結局、会社の昼休みにLINEをし、先生に決心したことを報告しました。
ただ、

「まだ3か月あるから、新しく曲を選びましょうね!!!」って返信が来たのには、一応すぐ「了解です!」と返信したとは言え、
正直少し参りました(^_^.)
去年出場を勧められた時は、レッスンで仕上がった曲を弾くようにしようねと言われていて、完全にそのつもりで
いたからです。

でも、よく考えたら、私がレッスン再開してからそれまでに弾いた曲(別れのワルツ、アラベスク第1番、ノクターン9-2、幻想曲さくらさくら)って、ホント定番ばかり。きっと他とかぶったんだとすぐ悟りました。 

(そして実際、ノクターン9-2 以外は全て中学生と高校生が弾いてました (^_^.)ノクターン9-2は前回のプログラムにありました)

そして、次回までに弾きたい曲を考え、少し練習してくることになりました。実際結構困りました(-.-)
この時一番気になっていた曲は「樅ノ木」でしたが、
とりあえず、レべル的に短期間でもなんとかなりそうな、「ユモレスク」を練習していくことにしました。

第7回 2014年1月28日

ツェルニー30-9 持越し
ツェルニー30-10  持越し
幻想曲さくらさくら OK

左手が動かずに、9番はまさかの2回連続持越しになりました((+_+))
30-10は、もう少し速度アップすることに。さくらさくらは、一応通せる感じになったのでOKもらいました。
そして、発表会の話に・・・・

「発表会の曲どうしよかねえ????」

「うーん、実際どれくらいレベルのがいいかもわからないんですけど、シベリウスの樅ノ木とか気になるんです」

「も、樅ノ木???シベリウス????樅ノ木は冬の木だからちょっとねえ・・・・」

「確かにそうですよね (笑)いや、いいんです」

「シベリウスってなんか他の曲でよさそうなのあったかなあ・・・・」

「いや、別にシベリウスにこだわりがあるわけでもないし、ホントいいんです 笑 一応ユモレスク練習してきてます、思ったより難しかったけど」


そんな時に、先生が提案をしてくれました。

「これはどう??」

そうして見せてくれたのは、フォーレのシシリエンヌでした。

メジャーすぎでもなく、サビの部分は聞いたことがある人も多いという、退屈しすぎにならない感じな微妙なバランスが
妙に気に入りました!!!!!

思わず私は叫びましたね 笑 「コレ、めっちゃいいです!!!!!!!適度に地味な感じも!!!」←言葉が悪い

先生も、「じ、地味???」と少し驚かれたようだったので、

「いやいや、子犬のワルツとかみたいな、派手でみんな知ってて子供が良く弾くような曲を、大人の私が弾くのは気が引けるでしょ・・・まあそんな感じです」

などと若干オロオロしながら誤解を解こうとした記憶があります。

その後一応、最後まで譜読みしていたユモレスクも、一通り聞いてもらって修正もしてもらい、
やっぱり譜読みがこんなにすぐに終わる曲を発表会に持ってくるのも勿体ないとのことで、
次回からツェルニー+シシリエンヌでレッスンすることになりました。

この時点で、発表会までレッスンがたったの6回しかないのは少し不安も覚えましたが、
どちらかと言うと、「何とかなるだろー^^」とお気楽に構えていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: