レッスン (28回目)

過去のレッスン記事が滞っておりますが、昨日レッスンでしたので、その記録です。

今年のレッスンも、昨日含めのこり2回となりました!!!!!

今回、今までで一番と言っていい程練習ができなかったため、

ちょっと気が重い状態でレッスンへ行きました。

今回弾くのは、

悲愴ソナタ 第一楽章
ソナタ14-2 第一楽章
です^^

14-2は、半分弱しか練習して行けなかったんですが・・・・・。

さて、レッスンの内容です。

まず、悲愴ソナタ 第一楽章を通して弾きました。

普段、ヤマハのNU1で練習して、怪しくはあってもまあ少し弾けるようになってたと思ってた私。

先生のグランドピアノで弾くと、高音部はいいんですが、低音部の鍵盤の重さにやっぱり耐えられず、

両手アルペジオの難所でつまずいてしまいます。やっぱりグランドピアノ弾ける環境の人は羨ましいなあ・・・・。

でもまあ、流れをそこまで失うことなく、通すことができるようになりました。

後半で怪しかった場所を少し弾きなおして、もう一度通して弾くと少しマシな感じになり、

ひとまず悲愴は終了しようということになりました。

「もし人前で弾くならあと6か月練習しないといけないけど、ここまでよく頑張ったよ!」
という

先生の意味深な言葉と共に 笑

元々自分の実力よりも2段階位上の曲だとわかっていたし、ここまでできるようになっただけでも嬉しい!!!

繰り返しを省いても、7分かかるこの曲。

他に課題があるから何度も弾くのは難しいけど、これからも1日一回は弾き続けたいと思っています。

本当の完成を目指して(*^_^*)

ちなみに昨夜、コソ練用に 「ツェルニー左手のための練習曲」をポチりました!!!!

今後、自主的な左手強化に努めます。

そして本日の2曲目、ベートーベンソナタ14-2です。

今回、悲愴と比べて少し難易度落としましたし、一応中学時代弾いたことにはなっています。

でも中学生時代、今回の悲愴の出来と比べても20%位の出来で終了しているので、

弾いてないも同然ですし、そもそもこの曲さえも自分の実力を超えてる気がする位です 笑

そして今回のレッスン。上記の通り、今回あまり練習時間が取れなかったのもあり、

半分弱しか譜読みをしていませんでした。とりあえずやったところまで一通り見ていただき、

雑になりやすいところのアドバイスを少ししていただいて今回のレッスン終了となりました。

そして、もう一冊、簡単な曲集を使って細かいところまで表現する練習をすることを勧められました!!!

普段弾いている曲や、終了済の「ツェルニー30番」と比べると技巧的にはかなり簡単ですが、

次回からギロックの「こどものためのアルバム」

やっていくことになりました。初心に戻って頑張ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: