レッスン (11回目~12回目+リハーサル)

本日、現在進行形のレッスン記録を一つアップしておりますが、
調子に乗ってもう一つ。
発表会の1か月前からの記事です。

第11回 2014年3月25日

ツェルニー30-13  OK
ツェルニー30-15  持越し
シシリエンヌ (発表会用なので継続)
トロイメライ OK

実はこの日も、あまり記録が残っていません。
おそらく、大した注意もなかったんじゃないかと・・・・・。
13番は、スタッカートを意識して2回目を弾いてOKになった記憶があります。
15番は、知る人ぞ知る、30番の中では1、2を争う難曲ですからね。
途中までうまくいってたものの、最後のユニゾンでガタガタになり持越し。
シシリエンヌは、スタッカートが付いたところでアクセントがつかないように、
柔らかく弾くことを指導されました^^
トロイメライは。。。2回位間違えつつ、いつもの感じでおまけ合格だった気が・・・・。

第12回 2014年4月7日

ツェルニー30-15  OK
ツェルニー30-16  持越し
シシリエンヌ (発表会用なので継続)
ガヴォット(フランス組曲から) OK

レッスンに行くと、70代くらいの知らないおじさんが。
あ、そう言えば、簡単な連弾の楽譜渡されたなあ。
前回の発表会では、大人の生徒は全員ソロ+先生との連弾だったそうですが、
今回は大人生徒同士で組むことになり、パートナーである私に
迷惑をかけられないと、合わせを希望され、私のレッスンに合わせてこられたのだとか。
そういうわけで、レッスンの最初にこれを弾くことに。
ごく簡単な楽譜だったのと、今回パートナーが来られるのを知らなかったのもあり
ほとんど練習してなかったのですが、完全にミスでした((+_+))
パートナーもミスってたけど、私もミスった(-.-)
連弾の本番が一気に不安になりました。

そしてパートナーの方が帰られた後のレッスン。
まず15番ですが、まだ最後のユニゾンが怪しいけどとりあえず終了。
指示を出されたわけではありませんが、15番については本当に納得いく出来にならず、
この後も3か月位毎日練習していました。
16番については、最後の数小節で、左手と右手のタイミングがずれることがあり、
この部分を修正する指示が出ました。

そしてシシリエンヌ、休符で休むところと、伸ばすところが曖昧になっている指摘。
もう1か月切ってるのにヤバイ(-.-)

更に、ほとんど弾いたことがなかったけど挑戦してみたバッハのガヴォット。
「左手の音がはっきりしない」という超基本的なことを指摘され、いかにバッハに向いてないと
思い知らされました(-_-;)とりあえず何度か弾きなおして形になったので切り上げ。

発表会1週間前 (リハーサル) 2014年4月20日

発表会の丁度1週間前となり、教室で一人一人発表の場をもらうことに。
リハーサルに参加していたのは7人で、私の番は3番だったと思います。

まず一人目、3歳から同じ教室に通っている19歳。
数か所間違ったみたいだったけどさすがにうまい!!!!(しかもかわいい)
そして二人目、私のパートナーの男性。定年後に初めて3年目ということもあり、
すごくうまいわけではもちろんないし、途中止まってたけど、味がある。

そして私。「緊張して吐きそうですけど・・・・」などと言いながらピアノに向かいました。

そして言葉通り、緊張しすぎて、一音目で外した挙句、なぜかペダルまで違うところを踏んだりと
めちゃくちゃに・・・・・。自慢じゃないですけど、私が一番ボロボロだったと思います 笑

私の後に弾いた人たちは、大人から始めた人一人、再開組一人、音楽短大出たばかりの子一人というメンツでしたが
私のような失態となった人は皆無でした。

そして連弾。

連弾は、与えられたのが本当に易しいものだったのもあり、私の方は大丈夫でしたが、パートナーが
かなり何度も止まってしまい、私はソロも連弾も失敗するのかと軽くショックを受けました ((+_+))

そして時間が余ったため、ソロだけ2回目を弾くことに。
失態を犯し、もうどうでも良くなっていて、緊張も完全に溶けていたためか、
次はノーミスで弾けました!!!!

先生に、「当日も1回リハーサルで弾くから、本番大丈夫だよ!!!」などと励ましていただきました^^

そんなに簡単にいくとは思ってなかったけど、本当にありがたかったです。

ちなみにこのリハーサルで、緊張するとどんなことが起こるのかを学習した私は、
動画を撮ることで緊張に慣れる作戦に出ました。しかも、YouTubeに公開までし、
今も少しずつ再生回数が伸びています。

勇気を出して下記に貼り付けますので、私の貴重な演奏動画をご覧ください。

尚、本当に下手ですので、温かい目でご覧いただきますようお願い致します 笑






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
当方のブログへコメント及びリンクありがとうございました。
こちらからもリンクはらせていただきました。
よろしくお願いいたします。(^^)

シシリエンヌ拝聴しました。
流れるようなフレーズ感があり、とてもさわやかな演奏ですね。
ゆったりした曲ですが、時々ピリッと引き締まる箇所もあって、素敵でした♪

Re: No title

> やぢまさん
コメントありがとうございます^ ^
やぢまさんのブログ上の私の返信も実は読んでいたのですが
その後そちらに返信していませんでした(>_<)ごめんなさい(´・_・`)
リンクありがとうございました!

それから、拙い演奏をお褒め頂きありがとうございます。
簡単な曲でも変なところでミスしてしまったりするので、
最近は録画を試みることすらほとんどしてないのですが、
またアップした時には感想をいただけたら嬉しいです(^_^)

シシリエンヌ!

過去の記事にコメント失礼します。

綺麗な演奏だなぁ、と思いました。
フォーレの曲良いですね〜。
鳩動画も面白かったですw

演奏動画を撮るのって、何か独特の緊張感がありますね。
特に左手がゆっくりな時に、ちょっと手が震えますw

Re: シシリエンヌ!

>>モル作さん

YouTubeに続き、まさかの所にコメントありがとうございます 笑

> 過去の記事にコメント失礼します。
>
> 綺麗な演奏だなぁ、と思いました。
> フォーレの曲良いですね〜。

フォーレは、先生が選んでくれないと絶対自分では選ばなかった曲だと思うので
先生に感謝感謝です!いい曲ですよね^^

> 鳩動画も面白かったですw
4年間で再生回数100回ちょっとの動画に受けていただきありがとうございますw
あの鳩、ホントにおもしろかったんですよー(*^_^*)

>
> 演奏動画を撮るのって、何か独特の緊張感がありますね。
> 特に左手がゆっくりな時に、ちょっと手が震えますw

そうそう!!!左手のユックリな動きがあるときの録画はなかなか難しいですよね!
最近は、音が綺麗なことと、やり直しが手軽なこともあって自分の電子ピアノの録音機能しか使っていませんが、
緊張に慣れる対策には動画を撮った方がよさそうですね。
ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: