初めての発表会の日のこと。

2014年4月27日、私の生まれて初めての発表会でした。

当日のスケジュールとしては、まず午前中に会場に行き、本番のピアノでの本当の最終リハーサル(ソロ&デュオ)

その後、いったん帰宅→美容院→再び会場へ行き本番(ソロ→休み時間→連弾)という感じです。

まず、午前中のリハーサル。

到着すると中学生が余裕のノーミスで弾いていました。(まあ本番の日なんだし当たり前なのかな・・・) 

待ち時間中に話していた大人の生徒の方(2月に祭日レッスンにいた時に少し話した人です)に

「ピアニッシモの音がきれいに出せないけどどうしたらいいんですかね???」

となぜか助言を求められたりしたけど、私もうまくできないことだから希望に添えず申し訳なかったです。

そしてあっと言う間に大人の番。 前の週のリハーサルに来てなかった人もいるので、私の順番は5番位だったと思います。

そんなに緊張してないつもりで、「次私ですねーーー^^」 などと元気よくピアノに向かって行ったのですが、

その後次々と事故が 泣

まず、舞い上がって、椅子の高さが合わないのにそのまま座ってしまって動揺。

更に、何故か楽譜を開くところを間違えて弾き始めてしまって動揺。「ほぼ」暗記しているという状態がまずかった。

とりあえず、開いたページの箇所に行くまで、ページをめくるタイミングがありません。

最初から弾きなおすのも変だし、そのまま行くことにしました。でも変なところで2回位つっかかってしまって大失敗((+_+))

「緊張してるみたいね・・・」と、ついさっき話していた方の声が聞こえてきて若干ショック 笑

私の失敗に影響されたのか、私の次に弾いたその方も私と同じような失敗をされていました。

そして連弾。私はなんともないけど、パートナーが完全ストップ(+_+) 

他の連弾は全く間違えないのに、私達だけ完全ストップし、復帰に時間がかかったのです・・・。

「私だけ、ソロも連弾も大失敗するんだ・・・・」

かなり沈んだ気持ちで美容院へと向かいました。

一旦会場を後にするとき、例の女性と「どうせ、周りの人が興味あるのは自分の家族と、超うまい人たちだけだし、
私達の演奏なんか誰も興味ないんですよ 笑」

等と励ましあったのも良い思い出です ヽ(^o^)丿

ちなみに美容院で髪の毛をセットしてもらい、一旦自宅に戻ってお昼ごはんを食べようとしたけど、

緊張しすぎてほとんど食べれませんでした。

この時、母親に「何回間違えたか数えてやるからね!!!!」などと言われましたが、

結構ナーバスになっていたので、冗談だとわかっていても正直本気で頭に来てました 笑

さすがにその気持ちは見せないようにしたけど。

そして再び会場へ。

私が会場入りすると、小学校高学年や中学生の子の番になっていました。

控室にこもってその演奏を聴いていましたが、

結構間違えている・・・・・。リハーサルで弾けてた子が失敗してたのを考えても、

やっぱり緊張がものすごいんだろうなと思いました。

それと同時に、子供で緊張するなら、大人の私が間違えるのはある意味普通のような気もして、

ちょっと開きなおれた感じがしたのも事実です。

そして大人の番。

私より前の番に弾いた人たちは、小さなミスはちょこちょことあったけど、

綺麗に弾けてた人が多かったように思います。

実は、前の人が弾いている時は、そんなに緊張してなくて、

一緒に順番待ちをしている人の様子をうかがってました。

先ほどの女性が緊張のあまり極めて辛そうにしていて、

その様子を見ながら「だ、大丈夫ですか????」とちょっと笑いながら言ってしまう位。

そしてあっという間に私の番・・・・・・・・

とりあえず、椅子の高さOK。

開くページもOK。

そして数秒で気持ちを落ち着かせて(無理だけど)、

演奏を開始しました。

リハーサルでは主に足が震えてたけど、本番は手も震えまくりでした。もうだめだ・・・・・・

とにかく、邪念を取り払って自分の演奏に集中。

一か所、手の震えで若干リズムが狂った。

でも後半に行くに従って少しだけノって来た気が・・・・・・

結局、それ以外はミスと言うミスはなく終わったはず。

ただ、後半でノッてきたとは言え、最後までま少し震えてたし、

周りから聞いたらきっとボロボロだったんだろうなーと落ち込みながら舞台を降りると、

名前を確認されて、記念品を渡されました。

その記念品には、先生からの手紙が入っていて感動!!!

その後、荷物を取りに舞台袖に行ったところで先生に呼び止められ、

「ぶんごろさん、良かったよ!!!!」

と言ってもらって更に感動!!!!!でも先生の前で何か言葉を発すると泣きそうだったし、出来は悪かったと思い込んでいたので

バカみたいに首を横にふりました((+_+))

その後、例の女性に遭遇し、色々話しながら謎の涙を流してしまいました・・・・・。

あれは何の涙だったか未だにわからないのです(@_@)

私の後数人で、ソロは終了となり、休み時間となります。

ソロが終わった安ど感からお腹が空いてしまい、食糧を買いに走ったのは言うまでもありません 笑

そして子供たちの連弾の後が大人の連弾の番。

難易度のせいか、一人じゃない安ど感からか、緊張は全くしませんでした 笑

演奏中、パートナーが少し止まりそうになって少し待ったところもあったけど、

今までで一番いい出来!!!!と思いきや、最後の音を完全に外した!!!!


あ、がです 笑

今までこんなミスしたことがなかったので少しショックでしたが、

外した瞬間、多分ニヤけた顔になっていたと思います。

ただ、セカンドピアノだし、その音でもまあいいかもという音だったので、

誰にも気づかれていなかったのは幸いでしたヽ(^o^)丿

・・・・と、私の発表会は、こんな感じで幕を閉じました。

完全な出来ではなかったけど、充実感が半端なかったです。

恥ずかしいけど、舞台に立って注目されるのも悪くない。

発表会出場をあんなに拒否していた私を少しずつ導いてくれた先生に心から感謝しています。

この時点で、レッスン開始から半年、レッスンを受けた回数は13回。

我ながらよくやりました!!!!!!!!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: