体験レッスンの日

体験レッスンの日は、朝から落ち着きませんでした。

だっていつも一人でピアノを弾いていて、「先生」が横にいる状態で弾くなんて15年ぶり。

アコースティックピアノ触るのも13年ぶり。

先生もどんな人かわからないし・・・・・。いや、有名音大卒の先生だから、ダメだしされまくるにきまってるんだし(笑)

会社のおじさんにまで

「実は今日ピアノの体験レッスンなんですよーーー。緊張してヤバいんですけど、どうにかしてくれませんかあ??」

「いや、むしろ、もう逃げ帰ってもいいでしょうかねえ???」

とか言いながら気を紛らわせていました。

そして約束の時間、教室の前に行くと、中学生の子がモーツァルトのソナタを弾いているのがわかりました。

個人教室ですが、空き店舗を借りて開いている教室で、少し音が聞こえる&ガラス張りなんです。

足を蚊に刺されまくりながら待ち、前の子のレッスンが終わったタイミングで中に入ることに。

一言二言、先生と言葉を交わした後、私は完全にここに通うことを決めてました。

だってすごく感じが良い先生で、第一印象最高だったから!!!!

しかも大人の生徒は、発表会は強制じゃないらしいし。←これ大事

でも、この後、ちょっとドキっとすること言われた。

「子供の頃経験があって、住所が変わってないのでしたら、ここに通われた場合前の先生が気を悪くされたりしませんか???」

考えもしなかった質問だったのでうろたえながら、

「い、いえ・・・・前の先生は忙しいし子供しか教えないなので・・・おそらくいいとは思うんですが・・・」

と言うと、私が動揺したのが分かったのか

「いやー、私の方はいいんです。ただちょっと気になったんですよ」

と言われ、この期に及んで断られなくて良かったなと心から思いました。

前の教室は、発表会もなければ、もちろんコンクール出る人なんているはずもなく、

他の先生とのつながりもない感じだったので分かりませんでしたが

音楽を本格的にやってると、色々と・・・・あるんですよね。ちょっと焦りましたが、ある意味勉強になりました 汗

そういえば、曲用意してきたけど弾いてって言われないなー。まあ緊張するし弾かないで済んだ方がいいや」

という心の声がよぎった瞬間、先生から

「何か一曲弾いて行きますか???次からでもいいけど・・・・」

と言われ、「え・・・緊張するんですが・・・」等と言いつつ、まあ現状を知ってもらっておいた方がいいだろうと判断してピアノへ。

13年ぶりのグランドピアノは、思ったより鍵盤が重く感じ、音抜けまくり、終始メゾフォルテというボロボロのロンドニ長調を汗だくになりながら披露((+_+))

「今のレベルはブルグ~ソナチネ」とメールに書いていたためか、「思ったより弾けるんだね」と言っていただき助かりました。

その後話し合って、ツェルニー30番+別れのワルツからレッスンを開始ということに決定!!!

遂に始まるレッスンにワクワクしつつ、グランドピアノを弾いたときのあまりの体力消耗に若干不安になったぶんごろでした・・・・。

次回からは、手元にあるレッスン記録を基に、簡潔に過去のレッスン記録を書き上げ、早いうちに現在進行形の

ピアノレッスン日記にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログの主な登場人物
ぶんごろ(著者)
昭和5○年生まれ。人生迷走中。
ムチムチ系。

ピコたん(先生)
昭和3○年生まれ。ツンデレ美人。
プロフィール

ぶんごろ

Author:ぶんごろ
 小3の頃から7年程、発表会も無いゆるい教室でピアノを習い、大して弾けないまま教室卒業。その後、遊びで弾くだけの数年と、全くピアノに触りもしない数年も経て、15年振りに違う先生の所でレッスン再開して3年経ちました。子供時代に経験のなかった発表会にも2度参加し、子供時代よりは弾けるようになりました。ピアノ生活、かなり楽しんでいます^^今まで弾いた曲は、プラグイン管理していましたが、数が増えすぎたため、こちらの記事で更新することにしました。よろしければご覧下さい。
 尚、気分によって、記事の文体が著しく変わり、使いもしない方言が混じることがありますが、全て本人が書いています 笑

※限定記事をたまーに書いています。
ブロとも、パスワード申請は、コメントのやり取りのある方のみにさせていただきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様 (2015年1月17日~)
ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: